プレスリリース

米国の景気刺激策で1,400ドルの小切手が配布されることで暗号資産に資金が流れ込むとの思惑や、米暗号資産投資会社グレースケールのETF関連人材の募集が観測されたことにより3月13日にこれまでの最高値61,600ドルをつけた。その後は、米暗号資産取引所Geminiで18,000BTCの入庫があり、大口の売りが懸念されたことで一旦調整が入り、韓国で暗号資産の規制が強化されるとの報道や米政府がビットコインを規制するのではないかと米大手ヘッジファンドの創業者であるレイ・ダリオ氏の発言もあり、5万ドル手前まで下落が進んだ。フィデリティのビットコインETFの申請の報道で反転、ゴールドマンサックスの富裕層に対してビットコイン導入を検討することや、ブラックロックがビットコイン先物取引開始の報道もあり3月末は上昇基調となった。

米暗号資産取引所大手のコインベースの上場日が4月14日に決定したことが後押しとなり、4月前半は高値圏を維持した。この時、暗号資産市場の時価総額が2兆ドルを突破、ビットコインは1兆ドル超え。上場日直前は暗号資産全体の買い安心感につながりビットコインが過去の最高値を更新し一時64,800ドル近辺をタッチ。ただ、上場後の日本時間の日曜にコインベースの上場による一服感から、流動性の薄い米国夜間を狙った仕掛け的な売り、マイニングの効率性を示すハッシュレートの低下、米国当局による暗号資産を取り扱った企業に対するアンチマネーロンダリング規制の強化などをきっかけに値を下げ始めた。

4月22日には米国の大手投資銀行JPモルガン・チェースのニコラス・パニギリツオグル氏が、6万ドル台に回復する時間が問題だとしてすぐに回復できない場合はその勢いが低下することを示唆。つまり、これまでは下がったときに買い手が現れることを繰り返していたビットコインであるが、今回に限っては買い手が現れるかどうか懸念があるとコメントを残した。コインベース上場からの下落トレンドは顕著であり、5万ドルを割れて下値を試している。

出典:Exness WebTerminal BTCUSD Daily Chart

取引所方式と販売所方式

暗号資産の売買を提供する場として販売所方式と取引所方式がある。販売所方式は買値と売値だけのシンプルな作りであり、取引相手方が業者となる相対(あいたい)取引である。取引所方式はオークション方式もしくはオーダードリブン方式ともいわれ指値などの注文板(オーダーブック)を見ることができる。取引参加者が指値など待機注文をその場に置くことで、他の取引参加者がその相手方にもなる。東証や他の暗号資産取引所はこの方式を採用している。

ExnessはFXタイプの2Way方式を採用しているので販売所方式に分類されるが、国内で見られるようなワンタッチ型の初心者向け店頭売買モデルではない。Exnessは「電子トレーディング業界において最も効率的なマーケットを創造することに情熱を燃やす、サイエンスドリブンの金融エンジニアの会社」を目指し常に競争力のある価格を提示し続ける。

取引所では激しい変動の際に待機注文が枯渇し、取引所起因のバグ(マーケット要因ではないフラッシュ・クラッシュ、ロールバック)が発生する恐れもある。以下は、過去のフラッシュ・クラッシュの例であるが、比較的大手でニュースになったものだけであり、特に数年前の黎明期には中小規模の取引所で事故が頻繁に発生していた。

・コインベース17年6月21日ETHが317.81ドルから0.10ドルに急落。

・コインチェック21年1月4日BTC50万円幅を超えて下落。

・Kraken21年2月22日BTCは22%急落、ETHは64%急落。

・コインチェック17年5月9日BTC20万円が90万円に急騰しロールバック(発生時前に戻す)

スプレッドの実際

出典:Exness MetaTrader 5 platform

暗号資産取引所のAPIを使い、メタトレーダー(MT4/MT5)で価格を表示させることができる。メタトレーダー(MT4/MT5)側でWebRequestを許可しプログラムを書けばよい。黄色い線がExnessのBTCUSDのスプレッド、赤色の線が某暗号資産取引所のスプレッドである。画像の場合、Exnessのスプレッドは25.31ドルに対して、某暗号資産取引所のスプレッドは$9.96である。しかしながら、AskとBidの注文数(ロット数)を見るとAskが0.00952464BTC、Bidが0.15BTCであった。

0.01ロットのトレードをするのであれば某暗号資産取引所で取引することを勧めるが、取引所の場合はロット数が増えれば相対的に広いスプレッドを受け入れることになるということは知っておいたほうがよいだろう。トレーダーはスプレッドだけでなくアマウント(発注可能なロット数)も考慮すべきなのである。Exnessが取引できる最小ロット数は 0.01ロットで最大が20ロットである。

余談であるが、APIを公開している取引所であれば複数のソースからデータを取り込めるので、価格差を指標として売買を行うといったアービトラージ戦略も、メタトレーダー(MT4/MT5)では構築可能である。価格のズレが発生することは特に珍しくないということも知っておいたほうがよいだろう。

Exnessは透明性、誠実さをもってクライアントに最高のサービスを届ける

ビットコインは今や無視できない金融商品であり、既存の金融商品に対する分散化及び高リターンを狙えるアセットクラスとして世界中から注目されている。暗号資産専門の業者よりもさらに快適なトレーディング環境を提供できるよう、Exnessは暗号資産プロダクトに多くの経営リソースを投入し、今回、すべての暗号資産のレバレッジを最大200倍といった一歩踏み込んだサービスを提供する運びとなった。

土日も取引ができる24/7の稼働。既に良好な条件でもある買い売り双方ともスワップポイントがゼロであることを考慮すると、クライアントに最適な環境が整ってきたことは疑いようもなく、本格的なトレーダーの皆様に自信を持ってお勧めできるトレーディング環境だといえる。
 
【Exness】世界中で注目されるビットコインの最適な環境を整備

全ての暗号資産ペアのレバレッジが200倍

ビットコインを含め暗号資産のスワップポイントは買い売り双方ともゼロ
 
ただでさえ激しく動くビットコインなのに、高いレバレッジは不要なのではないか?損をした時の額が大きくなるのではないか?と心配するトレーダーもいるだろう。高いレバレッジの提供はただ単にリスクが増大するのではなく、資金効率がよくなることを意味する。例えば、複雑なストラテジーを組み合わせる際に資金効率面から有利に働くことは言うまでもなく、かつストラテジーの組み合わせのタイミングで買いと売りで両建てとなった際は差額分の証拠金のみでよいので、資金に限りのある技量の高いトレーダーに重宝されることは間違いない。200倍というレバレッジは業界水準でもトップクラスであり、世界で規制されたマルチアセットブローカーという枠組みであればさらに抜きんでたサービスである。

リスク管理面にも細心の注意を払う。本格的にトレードをする方々にとって、Exnessが全ての顧客に対し、マイナス残高回避保護を提供するという点も安心だ。言い換えると、トレーダーがポジションを閉じた後にマイナス残高がある場合、Exnessは自動的に残高をゼロに調整し追加の入金を求めない。

リスク管理に優れ特定の市場機会を掴み、更に取引の勢いを最大化したい暗号資産トレーダーも満足できるサービス水準であろう。

以下の表は、ある一時点の各業者のファンディングレート(スワップポイント)を一覧化したものである。ファンディングレート(スワップポイント)は変動するのでこの通りでないことを注意いただきたい。

※通常の資金調達レート(ファンディングレート)はプラス値となりロングポジション保有者が支払いとなりますが、逆転してマイナス値となり、ショートポジション保有者が支払いとなる場合もあります。
※この表はある一時点での参考値として取得したものです。正確な数値の保証はいたしませんので予めご了承ください。

FXタイプの業者は手数料が無料であることが多いが、取引所タイプの業者は手数料を徴収する。例えば、メイカー 0%、テイカー 0.075%であれば、指値注文は手数料が無料で成行き注文は0.075%の手数料である。仮に1ビットコインが50,000ドルであったとき、1ビットコインの片道37.5ドルが手数料となる。ただし、取引所タイプの業者は取引所発行のトークンで支払えば20%程度のディスカウントをしてくれるところもあるし、取引量に応じてディスカウントをすることもあるので片道$37.5が高いということはない。しかし、取引コストという観点で取引所のスプレッドに加えるべき数字であることは間違いない。取引所タイプは指値注文と成行き注文で手数料体系が異なるが、FXタイプの業者はその区別はなく非常にシンプルである。

Exnessには一般向けの口座とプロフェッショナル向けの口座がある。プロフェッショナル向けの口座は3種類あり、最狭水準のスプレッドと即時約定で取引手数料が無料となる「プロ」口座、「ロースプレッド、ゼロスプレッド」口座は、固定取引手数料(ロット毎片道3.5 USD)かつ超低スプレッドの口座においてビットコインの取引が可能である。プロタイプ口座(プロ、ゼロ、ロー)の最低入金額は初回のみ1,000ドル必要であることは頭に入れておきたい。※1,000ドル維持の必要はない。

ビットコインの他に対ドルのビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコイン、リップルが取引可能であり、ビットコインは対ドル、対円、対韓国ウォンを揃えている。土日も取引ができ、24/7で稼働していることも魅力的だ。

詳細についてはこちら

本記事はプレスリリースです。 コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本ページにおけるいかなる内容、正確性、品質、広告宣伝、商品、その他の題材についても、それを支持するものではなく、またそれらについて責任を負うものではありません。読者諸氏は、当社に関連したいかなる行動についてもそれを起こす前に、自身による調査をすべきものとします。コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本稿で言及されたいかなる内容、商品、サービスについても、それを活用または信用したことにより生じた、あるいは活用または信用したことに関連して生じた、もしくは生じたと申立てされる、いかなる損害や損失に対しても、直接的あるいは間接的な責任を負わないものとします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー