プレスリリース

Bridge Oracleは、仮想通貨取引所KuCoinにBRGトークンを上場することを発表し、新年を祝った。

2021年2月23日 — Bridge Oracleが、仮想通貨取引所大手のKuCoinにBRGトークンを上場することを発表した。 2020年に発行されたこのトークンは、HitBTC、Changelly、BW、DigiFinex、PoloniDEX、USwapなどのいくつかの主要取引所にすでに上場されている。 KuCoinへの上場は今月末に予定されている。

預金は2021年2月23日の世界標準時間(UTC)午前10時(日本時間午後7時)にオープン。

取引は2021年2月24日の世界標準時間(UTC)午前10時(日本時間午後7時)に開始予定だ。

Bridge OracleのCEOは、以下のようにコメントしている。

「今月、評価の高いKuCoin仮想通貨取引所にBRGトークンを上場できることを発表できて嬉しく思います。 KuCoinは、今日の世界の仮想通貨取引所のトップ10の中でも最も尊敬されている取引所の1つであり、ここでの上場を確保したことは、私たちのチームにとっては夢が実現したようなものです。KuCoinは膨大な数のトレーダーによって広く利用されており、上場することで私たちのトークンがさらに知られるようになることを期待しています。さらに、KuCoinは高度なセキュリティ対策を実施しており、ウェブサイトとアプリの両方から24時間年中無休で取引が可能です。そのため、弊社のBRGを保有するユーザーの皆さんに、安全かつ非常に便利な取引環境を提供できることができます。」

Bridge Oracleは、上場したトロンネットワーク上では初となるオラクルシステムだ。トロンのプラットフォームは創始以来、常に将来性があったが、オラクルのシステムが無ければ、そのブロックチェーンとスマートコントラクトは単なるトークン化のためのツールにすぎなかった。昨年のBridge Oracleの立ち上げは、トロンに大きな変革をもたらした。ブロックチェーンとスマートコントラクトが、ついに実世界で実用化されたからである。仮想通貨の専門家は、オラクルのシステムはトロンが未来の金融界の流行語、DeFi(分散型金融)の世界に進出することも可能だと示唆している。

仮想通貨の専門家であり、Bridge Oracleの取締役会顧問を務めるSydney Ifergan氏は、次のようにコメントしている。

「DeFiは日を追うごとに急速に勢いを増しており、ブロックチェーンがそれに適応する速度が速いほど、生き残りの可能性が高くなります。着実なステップでDeFiエコシステムへの道に近づいてくれたトロンに称賛を送ると共に、Bridge Oracleにも多大なる感謝を捧げます。」

DeFiのユースケースはブロックチェーンスマートコントラクトで機能するが、動作させるためには信頼できる検証可能な外部世界のデータが必要である。したがって、ここではオラクルシステムのサポートが非常に重要となる。オラクルがなければ、スマートコントラクトは実際のデータにアクセスできず、DeFiエコシステムの導入はできないためだ。

 詳しくは、https://bridge.linkを参照してください。

本記事はプレスリリースです。 コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本ページにおけるいかなる内容、正確性、品質、広告宣伝、商品、その他の題材についても、それを支持するものではなく、またそれらについて責任を負うものではありません。読者諸氏は、当社に関連したいかなる行動についてもそれを起こす前に、自身による調査をすべきものとします。コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本稿で言及されたいかなる内容、商品、サービスについても、それを活用または信用したことにより生じた、あるいは活用または信用したことに関連して生じた、もしくは生じたと申立てされる、いかなる損害や損失に対しても、直接的あるいは間接的な責任を負わないものとします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー