次世代型デジタル・アセット取引所の「ビットスタ」、市場をリードする取引プラットフォームの新たな機能セットを発表

現在、最終開発段階に入っているビットスタ・エクスチェンジがデジタル・アセット取引のセキュリティと機能に関して新たな基準を打ち立てる。

ビットスタ・エクスチェンジの新たに発表した機能セットは仮想通貨とデジタル・アセットの分野を大きく飛躍させる。すでに開発が大幅に完了しているビットスタ・エクスチェンジは、最新式で高度なセキュリティと完全な拡張性を備えた仮想通貨とデジタル・アセットの取引サービスプラットフォームであり、世界中での迅速な主流化を目指して設計されている。

ビットスタは独自開発した特許出願中の高度なセキュリティ、広範囲に及ぶローカライゼーション、ライブカスタマーサービス、反応性、取引ボットによるサポート、 ステーキング・プログラム、ゲーミフィケーション、安全なストレージサービス、ライブニュース・フィード、複数の法定通貨のサポート、幅広いUIカスタマイズによるユーザーエンパワーメントやさらに多くの要素で顧客を惹きつけるだろう。この中には分散型取引所も含まれる。

ビットスタでは開始時点で少なくとも14種のデジタル・アセットまたはトークンが取引可能になるとともに、その後まもなくして一部の市場では法定通貨の入出金機能も利用可能となる予定だ。新たなデジタル・アセットは毎週追加される。

「ホット」ウォレットは「決して」使用しない。

ビットスタの主要機能は、ビットスタが準備通貨全てをマルチシグネチャ・コールドウォレット内で保管する独自システムだ。このシステムでは「ホット」ウォレットが使用されることは決してない。これは特許出願中の機能で、ビットスタのみで独占的に利用可能となる。これに加え、ビットスタは顧客の出金時にブロックチェーンで裏打ちされた独自のセキュリティプロトコルを使用する。これによって顧客は自らの出金情報を完全なシステム外(ビットスタのサーバー外)で管理できる。ビットスタ・エクスチェンジの提供する全サービスには、広範囲に及ぶ十分なテストを重ねた安全なウェブアプリケーションを用いてアクセスできる。このアプリケーションはすでに1日につき数百万ドル、1か月につき数億ドルを安全に処理している。現在、25名を超える経験豊かな開発者たちがビットスタの取引プラットフォームに取り組んでいる。

初めての仮想通貨コインを安全かつ使いやすい環境で購入したいと願う新規ユーザーにとって、ビットスタはうってつけの場所となるだろう。経験豊富なトレーダーや機関トレーダーは高度な機能や管理設定を活用できる。これらにより、高度に安全な環境で自らの取引状態を最適に制御できる。

ビットスタは単なる机上の空論ではなく、すでにワーキングモデルとなっている。また、開発も予定より早く進んでいる。

ビットスタでは開始時、またはその後まもない段階で、少なくとも20の独自機能を顧客が利用可能となる。ビットスタ・エクスチェンジを差別化する主な特徴には次のものが含まれる。

独自開発した特許出願中の資金セキュリティ

ビットスタはオフサーバーで集められた仮想通貨のみを利用する。独自開発した特許出願中のプロセスを用いることで、あらゆる入金・貯蓄・出金がハードウェアのサポートする秘密鍵を使って行われる。資金が「ホット」ウォレット内に存在することは決してない。

独自開発したサーバー外取引セキュリティ

取引所にはソフトウェアが業務上必須のため、他の攻撃の媒介として、さまざまなタイプの「介入者」攻撃が考えられる。その攻撃では、取引所の利用者がだまされ、窃盗犯の利用できる場所に安全な情報を入力させられることになる。最終的には、そのユーザー以外の誰かが所有するウォレットアドレスへのトランザクションが引き起こされる。独自に開発したシステムにより、ビットスタにはあらゆる取引を検証するための顧客管理によるサーバー外での手法が用意されている。

クライアント側およびサーバー側のセキュリティ

ビットスタはインフラとデータの保護に関して、業界内におけるベストプラクティスを忠実に守っていく。開始時のセキュリティ機能には2要素認証、Eメールでの確認、特定の最低パスワード文字数を全ユーザーが満たさなければならないパスワードプロトコルが含まれる予定だ。メンバーに対しては最大3つのアカウント確認レベルが存在する。

  • レベル1: Eメールによる確認 (仮想通貨間取引(C2C)が許可される)
  • レベル2: 居住証明および身元確認資料のアップロードと住所情報の提出(C2Cと法定通貨の入金が許可される)
  • レベル3: アップロードされた書類の確認(法定通貨の出金を含む、仮想通貨と法定通貨間の取引が許可される)

独自開発のマッチング・エンジン

ビットスタが独自開発したマッチングエンジンは1秒間に100万件超の完了したトランザクション(200万人超の個人による売買のトランザクション)を問題なく処理できるように構築されている。豊富な注文タイプと注文タイム・フレームが組み合わせられたマッチングンジンのスピードにより、高機能で自動化された取引パートナーを求めるトレーダーにとって、ビットスタが貴重な情報資源となるだろう。

豊富な注文タイプと注文タイム・フレーム

ビットスタには取引の詳細なカスタマイズ機能が用意されるので、誰もが自動化されたカスタム取引ルールを簡単に構築できる。ビットスタの注文タイプは強力できめ細かい取引のコントロールを実現していく。

ビットスタの注文タイプは、さらに洗練された取引を実現するカスタマイズ可能なタイム・フレームによって制御される。

最新のユーザー体験(カスタムUI)

ビットスタ・エクスチェンジのエコシステムには機能豊富なモジュールを備えた反応性の良い直観的なユーザーインターフェイス(UI)が含まれる。各ユーザーは自らのディスプレイをさまざまなモジュールで カスタマイズすることにより、個人の取引の好みを最大限に生かしたスタイルを作り出せる。ビットスタ・ウェブアプリケーションUIの特徴は、あらゆる主要なデバイスタイプ(デスクトップ、タブレット、スマートフォン)向けに合理化されたデザインとなる予定だ。プレベータUIの体験版は現在、bitsta.comで利用できる

高度な紹介エンジン

独自開発した紹介エンジンがビットスタに内蔵され、豊富なユーザー・インセンティブ、個別の紹介リンク、さまざまな報酬を実現することにより、ユーザー基盤の構築と取引流動性の迅速な向上に役立つ。

安全なアセットストレージサービス

独自開発した安全なアセットストレージ・オプションはビットスタの全ユーザーが利用できる。ユーザーは自らのデジタル・アセットをビットスタで安全に保管できる。そうすることで、自前のローカルウォレットの作成、ペーパーウォレットの印刷またはハードウェアウォレットの購入を避けるという選択肢も出てくる。ビットスタの安全なアセットストレージ・ソリューションにはさらなる資産保護のため、保険がかけられる予定だ。

ゲーミフィケーション

仮想通貨取引の分野におけるユーザーの参加、学習、一般的な快適性を促進するため、ビットスタには取引所およびブロックチェーン技術の迅速な採用を促進するゲーミフィケーション機能が含まれる。ゲーミフィケーションには習慣化する日常的な活動、パワーユーザーの認定、新規ユーザーの招待、ワンクリック取引、特別オファー、手数料の割引、コンテスト、その他多くの要素が含まれる可能性がある。

取引ボットおよびサードパーティ製ボットのサポート

トレーダーの支援を目的として、サードパーティ製ボットをビットスタ内の取引で用いるために行うセットアップが迅速かつ手軽に進むよう、ビットスタがサポートを提供する。同時に、追加で必要なセットアップなしで、いつでもビットスタのユーザーがアクセスできる特注の自社製ビットスタ・ボットも構築する予定だ。ボットは豊富なビットスタの注文タイプや注文時間のカスタマイズと連動し、いまだかつてないレベルの取引の自動化を実現していく。

今日からビットスタ・エクスチェンジにアクセスし、初期開発に参加し、真っ先に新たな更新を確認するには、bitsta.comで「Register(登録)」をクリックし、招待コードの「telegraph」を使うことをおすすめする。

当社のbitsta.comにアクセスすれば完全な詳細情報を確認できる。また、登録することで、発表されている更新情報を知ることも可能だ。ビットスタ・エクスチェンジの開発は現在予定通りに進行中で、最終試験と開始が予定より前倒しされる可能性もある。


会社名: ビットスタ・エクスチェンジ(Bitsta Exchange)

会社サイト: www.bitsta.com

会社連絡先: Ved Nikolic ved@bitsta.com, Tristan Tay tristan@bitsta.com

本記事はプレスリリースです。. コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本ページにおけるいかなる内容、正確性、品質、広告宣伝、商品、その他の題材についても、それを支持するものではなく、またそれらについて責任を負うものではありません。読者諸氏は、当社に関連したいかなる行動についてもそれを起こす前に、自身による調査をすべきものとします。コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本稿で言及されたいかなる内容、商品、サービスについても、それを活用または信用したことにより生じた、あるいは活用または信用したことに関連して生じた、もしくは生じたと申立てされる、いかなる損害や損失に対しても、直接的あるいは間接的な責任を負わないものとします。