BitMart、Paxfulとの提携を発表 ピアツーピアの金融革命参入を目指す

全世界有数のデジタル資産取引プラットフォームを運営するBitMart Exchangeは先日、パックスフルと提携することを発表した。グローバルP2P決済ロジスティックス・プラットフォームを統合することで、急成長するピアツーピアの金融革命に参入することが狙いだ。

パックスフルPaxful)は、世界最大のP2Pビットコイン・マーケットプレイスの一つであり、第三者とのやり取り無しで、ユーザ同士が直接ビットコインを取引することが可能なプラットフォームである。ここでは、デジタル資産を購入する際の支払い方法として、300種類以上のオプションが提供されており、更にユーザは全員、ビットコインの送金、受信、貯蓄が可能な無料のデジタルウォレットを開設可能だ。ビットコインの売買に対して、単純かつ公平で安全なプラットフォームを作ることにより、資金不足によって銀行口座の開設が出来ない人々へのピアツーピア・ファイナンスを通したファイナンシャル・インクルージョン(金融包摂)を提供することを目指している。

パックスフルのCEO兼共同創設者であるレイ・ユーセフは、次のように述べている。
「我々は新興市場に対しより多くの取引選択肢をもたらす努力をしてきた中で、今回のBItMartとの統合は大変喜ばしいものだと感じている。世界中に経済上の自由をもたらすことをミッションに掲げてきた我々として、今回の提携は金融革命への次なる大きな一歩であると考えている。」
 
BitMartは、ピアツーピア・ファイナンスのエコシステムに初めて参入したパイオニア的取引所である。今回の提携によって投資家は、銀行振込、ギフトカード、デビット/クレジットカード、現金預金等の複数の支払い方法に直接アクセスできるようになる。パックスフルの技術は、ゼロコスト・リスティングやマネタリーバック格付け等の機能において、プラットフォーム全体でシームレスかつ素早い取引を実現するという重要な役割を果たす余地が十分に期待できる。
 
BitMartのCMO兼創設者のシェルドン・シャーは次のように述べている。「BitMartのミッションは、仮想通貨市場における利便性の高い金融サービスを提供することだ。昨年我々は、EUの認定金融機関『シンプレックス』との間で、クレジットカード及びデビットカードによる入金サービスを開始した。ユーザの皆様に対して、より多彩な支払いの選択肢を提供することにより、BitMartはデジタル通貨投資への新規参入者に対する参入障壁を下げていきたい。」

BitMartについて

BitMart Exchangeは、全世界に60万人のユーザを抱える、仮想通貨市場における全世界有数のデジタル資産取引プラットフォームで、CoinMarketCapにおいてトップ8に位置する仮想通貨取引所である。BitMartは現在182の仮想通貨ペアを業界内他社と比較し安価な取引手数料で提供している。
 

【お問い合わせ先】

プレスリリース配信者:BitMart Exchange
公式ウェブサイト:https://www.bitmart.com/
Twitter:https://twitter.com/BitMartJapan
Telegram:日本版公式アカウント