BitMart、Paxfulとパートナーシップを締結

2019年7月9日より、デジタル資産取引プラットフォームであるBitMartが個人間の売買を仲介するマッチングサイトであるPaxfulと戦略的パートナーシップ協定を締結した。このパートナーシップにより、ユーザーは手軽に取引できるようになる上、流動性、拡張性の上昇と、銀行口座を持たない人々のP2P(ピアーツーピアー)の経済エコシステムにへの参加ハードルが下がることが期待される。

Paxfulは、世界最大のP2Pビットコイン・マーケットの一つであり、第三者とのやり取り無しで、ユーザ同士が直接ビットコインを取引することが可能なプラットフォームである。これにより、第三者機関が取引に介在する必要がなくなるため、銀行口座を持たない人々や新興マーケットの人々との取引が可能となる。またそれらのユーザーは世界最大級のデジタル資産取引プラットフォームであり、233ものトレードペアがあるBitMartにアクセスすることができるようになる。

 「我々はBitMartとのパートナーシップ提携により、新興マーケットに対し、多くのトレードオプションを提供できることに大変満足している。」とPaxfulの共同創業者でCEOのレイ・ヨセフ氏は語る。「世界中に金融の自由を提供することは我々のミッションであり、これは金融革命の大きな一歩となるだろう。」

BitMartP2P(ピアーツーピアー)ファイナンシャルのエコシステムに参入した初めて参入したパイオニア的取引所である。今回の提携によってユーザーは、銀行振込、ギフトカード、デビット/クレジットカード、現金預金等300以上の支払い方法を利用できるようになる。パックスフルの技術は、ゼロコスト・リスティングやマネタリーバック格付け等の機能において、プラットフォーム全体でシームレスかつ素早い取引を実現するという重要な役割を期待できる。

BitMartのCMO兼創設者のシェルドン・シャーは次のように述べている。「Paxfulとコラボできることは非常に喜ばしい。ユーザーの皆様に対し、より多くの支払い方法を提供することでBitMartはデジタル資産への投資において、新たなお客様の参入障壁を下げていきたい
Paxfulを利用した投資はこちらから。: https://www.bitmart.com/paxful/en

About BitMart 

BitMart Exchangeは、全世界に70万人のユーザを抱える、仮想通貨市場における全世界有数のデジタル資産取引プラットフォームで、CoinMarketCapにおいてトップ5に位置する仮想通貨取引所である。BitMartは現在233の仮想通貨ペア業界内他社と比較し安価な取引手数料で提供している。

また現在初夏の大感謝祭を開催中だ。ログインするだけでトークンをゲットできる、「Cryptoキャンディエアドロップ」や、BTCの価格を予想するだけで数千万円が当たってしまう「価格予想コンテスト」、出来高の総量を競う「トレードコンペティション」など豊富なキャンペーンを実施している。また日本語Twitter限定のキャンペーンも行なっているので要チェック。登録は3分程度。

About Paxful

Paxful’sのミッションは人々に対し、シンプル、公平かつ安全なビットコインの取引プラットフォームを提供することである。我々は銀行口座を持たない人々も、P2Pの取引システムを利用で、自由にデジタルウォレットを保有し、それによりBitCoinの送金、受け取り、貯金などができるようにしたいと考えている。安心の24時間365日サポートも提供している。

【お問い合わせ先】
プレスリリース配信者:BitMart Exchange
公式ウェブサイト:https://www.bitmart.com/
Twitter:https://twitter.com/BitMartJapan
Telegram:日本版公式アカウント