世銀、世界で初めてブロックチェーンで債券を起債

 世界銀行は23日、世界で初めてブロックチェーンのみを使って債券を起債した。期間は2年間で、規模は1億豪ドル(約80億6000万円)。資金調達と取引などを効率化する狙いがある。ロイターが23日伝えた

 豪州最大の銀行であるオーストラリア・コモンウェルス銀行(CBA)が単独幹事。同行によると、利回りは2.251%、発行日は8月28日。債券にはボンダイ(bondi、Blockchain Operated New Debt Instrument)の愛称が付いている。

 ロイターによれば、世銀債の格付けはAAAで、1年間で発行する債券は500億(約55兆7000億円)〜600億ドル。新興国の経済支援に利用している。