1カ月で66%上昇の仮想通貨リップル(XRP)、中国のビットコイン支配を危惧しホワイトハウスが注目?

コインマーケットキャップ(※)によると、リップルは17日現在、約52.58円(0.468ドル)で取引されている。1ヶ月前の9月17日は約31.65 円で取引されており、上昇率は66%となっている。
フォーブスビットコイニストは、ビットコインのマイニングにおけるハッシュパワーの7割以上が中国に集中していることから、中国のビットコインへの影響力が高くなっていることを危惧し、米国ホワイトハウスがリップルに注目している可能性があると指摘するリップルラボの人物の意見を紹介している。

リップルラボのチーフ・ストラテジストであるコニー・ジョンソン氏は、ドナルド・トランプ大統領率いるホワイトハウスが中国のビットコインへの影響力に対抗するため、リップル(XRP)に注目していると示唆した。

「ホワイトハウスは特に、80%のビットコインマイニングが中国で行われていることの意味を考えているようだ。同様にイーサリアム(ETH)のマイニングも大部分が中国だ。一方で、XRPはマイニングがない。外国の支配力と環境への観点からいうと、全く異なる獣である。我々が政権と対話したところ、彼らはこのことを理解し、重要と考えているようだった」

リップルに対する批判には、XRPの供給量の60%をリップルラボが保有していることから、他の仮想通貨のように分散型ではなく中央集権的なことなどがある。これに対し、ジョンソン氏は、リップルの承認者(validator)の数を見ると、150のうちリップルラボがコントロールしているのは10のみだと弁明している。

先月はリップル主催のカンファレンスでビル・クリントン元大統領がスピーチを行ったことで、リップルに注目が集まった。また、一時的にイーサリアムを抜いて時価総額で2位になっていた。

 

※コインマーケットキャップ(CoinMarketCap)は世界中の仮想通貨の時価総額ランキング、取引高、値段、変化率(24H)など各通貨の基本的な情報から、全仮想通貨のボリュームやドミナンス(時価総額に占める各通貨の割合)まで、様々なデータが掲載されているサイト。