10年後に平均給与が高い職業 仮想通貨・ブロックチェーンのエンジニアがランクイン 【大和ネクスト銀行調査】

大和証券グループが100%出資する大和ネクスト銀行は28日、10年後の平均給与ランキング予想の中で第4位にブロックチェーンエンジニアが選ばれたと発表した

大和ネクスト銀行は、今年3月11日~3月12日の2日間、全国の20歳~69歳の男女を対象に、ポスト平成時代に関する調査をインターネットリサーチにより実施。1000名から回答を得た。「10年後(2029年)に平均給与が最も高いと思う職業は何か」という質問に対しては、次の通りの結果となった。

1位はリモート医療ドクター(インターネットを用いて離れた場所にいる患者を診察する医師)」(25.0%)、2位「ロボットクリエイター」(10.4%)、3位「YouTuber」(8.6%)に続き、4位に「ブロックチェーンエンジニア(仮想通貨の取引に関わるシステムの技術者)」(7.0%)が4位に選ばれた。

また、「ポスト平成時代に実現すると思うのは」という問いに対しては、「完全キャッシュレス化社会の実現」(25.4%)が1位。「人工光合成の実現」(19.3%)、「空飛ぶクルマの実用化」(17.1%)、「火星に人類到達」(15.8%)と続いた。

ブロックチェーンエンジニアに対する需要は高まっている。

1日に発表されたレポートによると、ブロックチェーンエンジニアに対する需要が前年比で5倍以上増えた。また、ブロックチェーンエンジニアの給与が世界で一番高いのはサンフランシスコのベイエリアで、平均15万5000ドル(約1733万円)だった。