暗号資産(仮想通貨)FXってなんだんだろう…気になるけどなんだか難しそう… 上記のように思う方も多いのではないでしょうか?

暗号資産(仮想通貨)FXは、現物取引と比べて「大きく利益を狙える」「24時間365日取引できる」など、魅力的なポイントがたくさんあります。

「暗号資産(仮想通貨)FX」と聞くとなんだか固いような印象を受けますが、断じてそのようなことはありません。

本記事を見れば、初心者の方でも「暗号資産(仮想通貨)FX」を行うことができるようになりますよ!

ざっくり言うと…

  • 暗号資産(仮想通貨)FXでは「レバレッジ」という機能を用いて、保有資金よりも大きい金額をトレードすることができる。
  • 現物取引と比較するとリスクも大きくなってしまうが、しっかりと対策をすれば安心。より多くの利益を狙うことができる!
  • 国内取引所だと、暗号資産(仮想通貨)FX(レバレッジ取引)に対応しているのは「bitFlyer(ビットフライヤー)」「DMM Bitcoin」が挙げられる。
  • その中でもbitFlyerは、なんとビットコインの取引量が国内No.1。取引者数が多く手数料も安い。
  • 暗号資産(仮想通貨)FX専用アプリ「Lightning FX」を用いれば、アプリからサクサクとレバレッジ取引を行うことができる。
  • 安心して暗号資産(仮想通貨)FXを行うなら、bitFlyerは登録必須な取引所!

bitFlyerで無料口座開設!

暗号資産(仮想通貨)FXとは?基礎知識をおさらい!

暗号資産(仮想通貨)FXでは「レバレッジ」という機能を用いて、保有資金よりも大きな金額を動かします。

レバレッジとは

直訳すると「てこの原理」ということ。

少額資金を担保にして、その何倍もの金額の取引を行うこと。

例えば「10万円」の元手で暗号資産(仮想通貨)FXを始めた場合、利用する取引所のレバレッジ倍率が「最大10倍」だったとすると、 10万円(元手資金) × 10倍(レバレッジ倍率) = 100万円 となり、10万円の元手資金で「100万円分」の取引を行うことが可能になるんです!

現物取引の場合は、10万円の元手資金から始めると10万円分の取引しか行うことができません。

対して暗号資産(仮想通貨)FXの場合は、保有資金よりも多くの金額を動かすことができます。

少額資金でより多くの資金を動かせるのは、暗号資産(仮想通貨)FXの大きな魅力ですね! 

bitFlyerで無料口座開設!

暗号資産(仮想通貨)FXのメリット

暗号資産(仮想通貨)FXには、現物取引にはない様々な「メリット」が存在しています!

どのようなメリット・特徴があるのか、新めておさらいしていきましょう!

仮想通貨取引所の比較をしたいという場合には「仮想通貨取引所比較ランキング」、仮想通貨投資をしたいという場合には「ビットコインの今後」か「仮想通貨リップルの今後」を読んで流れを掴んでおくと良いでしょう。

メリット①:少額から始めることができる

暗号資産(仮想通貨)FXは、圧倒的に少額で始めることが可能です! 例えば株式投資などの場合、少額から始めることは難しく、特に上場企業の株式を購入する場合などは「数十万円~数百万円」の元手が必要になってしまいます。

暗号資産(仮想通貨)FXも、一見するとまとまった資金を用意する必要があるようにも思えますが、全くそのようなことはありません。

実際に、取引所ごとの「最低取引単位」について確認していきましょう。

取引所名最低取引単価(BTC)
bitFlyer(ビットフライヤー)0.00000001BTC
DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)0.001BTC
TAOTAO(タオタオ)0.001BTC
GMOコイン0.0001BTC


国内取引所の中で最も少額から投資できる取引所は、bitFlyer(ビットフライヤー)です。上記のビットコインの場合は、少数単位からの取引を行うことができます。

仮にビットコインの価格が「1BTC=100万円」だった場合、最小取引金額は以下の通りとなります。

  • 100万円(1BTCの金額) × 0.00000001BTC(最小取引単位) = 0.01円

つまりbitFlyerでは「0.01円」から暗号資産(仮想通貨)FXを始めることができるんです…!

ただしあまりにも少額すぎると利益が小さくなってしまいますので、最低でも「数百円・数千円前後」から始めることをオススメします。

bitFlyerで無料口座開設!

メリット②:小さい元手で大きな利益を狙える

先述した通り、暗号資産(仮想通貨)FXでは「レバレッジ」という機能を用いることで、保有資金の数倍もの金額を取引することができます!

国内取引所の場合のレバレッジは「最大4倍」と金融庁から定められています。

つまり、単純計算でも「保有資金の4倍」もの金額をトレードすることが可能なんです!

仮に1万円の元手から始めたとしても「4万円分」の取引を行うことができますので、大きく利益を狙うことができます。

メリット③:下げ相場でも利益を出せる

株式投資などで儲ける場合は、一般的に「安く買って高く売る」という行為を行い、その差額で利益を得ます。

それに対して暗号資産(仮想通貨)FXの場合は、下落相場でも利益を狙うことができるんです!

上記のように暗号資産(仮想通貨)FXでは「価格が高いうちに売却しておいて、低くなった時に買い戻す」というトレードを行うことができます。

空売り」とも呼ばれており、価格が低くなった時に安く買い戻すことができるので、その分の差額が利益となります。

株式投資」や「暗号資産(仮想通貨)FX」の場合は、価格が上がることによってでしか利益を生むことができません。

しかし暗号資産(仮想通貨)FXでは、下落相場でもしっかりと利益をあげることが可能です!

bitFlyerで無料口座開設!

メリット④:24時間365日いつでも取引できる

同じくレバレッジを用いる金融商品「FX(為替)」の場合ですと、株式市場が休場している「土日・祝日」はトレードを行うことができません。

休日しかトレードを行うことができない方にとっては、少々不便ですよね…。

それに対して暗号資産(仮想通貨)FXの場合は、なんと「24時間365日」の間、いつでも取引を行うことができるんです!

スマホアプリを用いれば、端末からサクサクと取引を行うことができます。

ですので、インターネット環境があれば、いつでもどこでもスマホから簡単にトレードを行うことが可能です。

忙しいからスキマ時間に取引したいな…」という方でも安心ですね!

暗号資産(仮想通貨)FXのデメリット

暗号資産(仮想通貨)FXでは「レバレッジ機能」を用いることで、現物取引よりも大きな利益を狙うことができます。

ただ大きな利益を狙える反面、やはりデメリットも存在しています。

実際にトレードを始める前に、デメリットや注意点に関してもしっかりおさらいしておきましょう!

デメリット①:損をする可能性がある

先述した通り、暗号資産(仮想通貨)FXでは「レバレッジ」という機能を用いることで、保有資金よりも大きい金額の取引を行います。

現物取引よりも大きな利益を狙うことも可能ですが、その分損失の金額も大きくなってしまう傾向があります。

例えば、10万円の元手を用いて30万円分のビットコインを購入、つまりは「レバレッジ3倍」の取引を行なったとします。

そのビットコインが20万円にまで下落した場合、10万円の損失となって元手は全て消え去ってしまいます。

現物取引の場合は、価格が下落する場合はあっても価値が「0」になることはそうそうありません。

しかし暗号資産(仮想通貨)FXの場合は、保有資金よりも大きい金額を動かすため、保有資金を全て失ってしまうことも考えられます。

デメリット②:手数料が高くなることがある

現物取引の場合は、トレードの際に「取引手数料」が必要になります。

対して暗号資産(仮想通貨)FXの場合は「レバレッジ手数料」というものが取られます。

現物取引の取引手数料に関しては、ほとんどの取引所が「無料」に設定しています。

その一方で「レバレッジ手数料」の場合は、ほとんどが有料に設定されています。

レバレッジ手数料は単発で発生するものではなく、ポジションを保有したまま日を跨ぐ際に発生します。

ですので、ポジションを保有したままにすると日ごとに手数料がかかってしまうことになります。

手数料を抑える場合は、まずは長期ではなく「短期」の売買をオススメします!

デメリット③:ロスカットによって取引が強制終了される可能性がある

暗号資産(仮想通貨)FXには、損失をある一定額まで抑えるために「ロスカット」という制度が設けられています。

ロスカットとは

直含み損が一定の水準まで達した際に、自動的にポジションが決済される仕組み

急激な相場変動によって損失が膨らんでも、ある一定の水準でロスカットが執行されるので、致命的な損失を避けることができます。

ロスカットの水準は取引所毎に異なりますので、あらかじめ確認しておきましょう。

取引所名ロスカット水準(証拠金維持率)
bitFlyer(ビットフライヤー)50%
DMM Bitcoin50%
TAOTAO(タオタオ)80%
GMOコイン75%


ロスカットが執行されると、ポジションが清算されてしまいますので、それまでの含み損が確定されてしまいます。
各取引所のトレード画面に記載されていますので、そちらを確認する程度で良いでしょう。ロスカット水準に記載されている「証拠金維持率」に関しては、実際に計算する必要はありません。

ですので、なるべくロスカット水準に達する前に「損切り」を行うように心がけましょう!

【厳選】暗号資産(仮想通貨)FXのおすすめ国内取引所ランキング

より安心かつ低コストで暗号資産(仮想通貨)FXを楽しむなら、取引を行う取引所も重要。

取引所毎に「手数料」「取り扱い通貨」「使いやすさ」が大きく異なります。

項目毎に特徴を把握し、ご自身に適した取引所を利用するようにしましょう!

おすすめ第1位:bitFlyer(ビットフライヤー)

取り扱い通貨数(FX取引)2種類
取引手数料無料
レバレッジ手数料0.05%/日
追証あり


2014年からサービスを開始しており、歴史のある暗号資産(仮想通貨)取引所bitFlyerの特徴

  • 「ビットコイン」「イーサリアム」の2種類の通貨の暗号資産(仮想通貨)FXに対応!
  • レバレッジ取引だけでなく「リップル」など8種類の通貨にも対応!
  • その中でもbitFlyerは、なんとビットコインの取引量が国内No.1。取引者数が多く手数料も安い。
  • 「取引手数料」「入金手数料」が無料なので、コストがかからない
  • 「bitFlyer Lightning」を使えば、スマホからサクサクと暗号資産(仮想通貨)FXを行うことができる

暗号資産(仮想通貨)FXの中を行う際の最もおすすめな取引所は、ビットコインの取引量「国内No.1」を誇るbitFlyer(ビットフライヤー)です。

2014年からサービスを開始している運営歴の長い取引所でして、多くの人から愛用されている取引所です。

三井住友グループ」「みずほグループ」からの出資も受けており、資本金の多さも抜群です!

そんなbitFlyer(ビットフライヤー)では「ビットコイン」「イーサリアム」の暗号資産(仮想通貨)FXに対応しています!

bitFlyer Lightning」というスマホアプリを使えば、スマホから本格的なレバレッジ取引を行うこともでき、とっても便利です!

コストを抑えつつ、安全に暗号資産(仮想通貨)FXを行いたいな…」という方は、bitFlyerへの登録は必須です!

bitFlyerで無料口座開設!

おすすめ第2位:DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)

取り扱い通貨数(FX取引)11種類
取引手数料無料
レバレッジ手数料0.04%/日
追証あり


数々の事業を展開する大手企業「DMM.comグループ」の傘下にある取引所DMMBitcoinの特徴

  • 国内最多である「11種類」もの通貨のレバレッジ取引にも対応!
  • 「取引手数料」「入金手数料」に加えて「送金手数料」が無料なので、取引にコストがほとんどかからない
  • 専用スマホアプリを使えば、スマホから本格的な暗号資産(仮想通貨)FXを行うことが可能
  • キャンペーン中の今なら、無料登録で「1,000円キャッシュバック」を受けることができる!(キャンペーンは2021年1月1日まで)

DMM Bitcoinは、数々の事業を展開する「DMM.comグループ」を親会社にもつ暗号資産(仮想通貨)取引所。

レバレッジ取引に特化しており、なんと国内最多の「11種類」もの通貨の暗号資産(仮想通貨)FXに対応しているんです!

ビットコインだけでなく、たくさんのアルトコインを取引したい方にはピッタリです!

また「取引手数料」「出入金手数料」はもちろんのこと「送金手数料」まで無料。

圧倒的に手数料を抑えつつ、暗号資産(仮想通貨)FXを行うことができますよ!

専用のスマホアプリを用いれば、スマホからかんたんに「テクニカル分析」などを行うことができます。

キャンペーン期間の今のうちに登録すれば、もれなく「1,000円キャッシュバック」を受けることも可能(キャンペーンは2021年1月1日まで) よりたくさんの通貨を、おトクに取引したい…!」という方は、DMM Bitcoinへの登録は必須です! 

DMM Bitcoinで無料口座開設!

おすすめ第3位:TAOTAO(タオタオ)

取り扱い通貨数(FX取引)5種類
取引手数料無料
レバレッジ手数料変動制
追証あり

TAOTAO(タオタオ)の特徴

  • 主要な5種類の通貨のレバレッジ取引に対応している
  • 取引手数料・出入金手数料・送金手数料が無料なのでコストがかからない
  • 取引専用アプリがリリースされており、スマホからでも取引しやすい!

TAOTAO(タオタオ)は、2017年にサービスを開始している暗号資産(仮想通貨)取引所。

比較的新しい取引所ですが、今注目度の高い取引所なんです…! 主要5通貨のレバレッジ取引に対応しており、かつ取引にかかるほとんど全ての手数料が無料です。

ソフトバンク社が提供する「マネージドセキュリティサービス」という最新鋭のセキュリティを導入しており、安全性も高く評価されています。

おすすめ第4位:GMOコイン

取り扱い通貨数(FX取引)8種類
取引手数料無料
レバレッジ手数料0.04%/日
追証あり


「GMOクリック証券」などを展開する東証一部上場企業「GMOインターネットグループ」を親会社にもつ取引所!GMOコインの特徴

  • 合計で「8種類」もの通貨の暗号資産(仮想通貨)FXに対応。国内では唯一「ベーシックアテンショントークン(BAT)」にも対応している
  • 「取引手数料」「出入金手数料」「送金手数料」が全て無料!コストがかからない。
  • スマホアプリ「ビットレ君」を使えば、アプリから本格的なテクニカル分析を行うことができる…!

GMOコインは、IT事業を積極的に展開する一部上場企業「GMOインターネットグループ」を親会社にもつ取引所!

最近は数多くの新しい通貨を上場させ、今では「8種類」もの通貨のレバレッジ取引に対応しているんです…!

DMM Bitcoinなどと同様、取引手数料・出入金手数料・送金手数料がほとんど無料。

可愛らしいキャラクターがトレードマークのスマホアプリ「ビットレ君」を使えば、アプリからかんたんに暗号資産(仮想通貨)FXを楽しむことができますよ! 

GMOコインで無料口座開設!

【超かんたん】誰でもわかる暗号資産(仮想通貨)FXの始め方ガイド

実際に暗号資産(仮想通貨)FXを始めていきましょう。

暗号資産(仮想通貨)FXを始めるまでの3ステップ

  • 暗号資産(仮想通貨)取引所に登録する
  • 日本円を入金する
  • ポジションを持つ

「なんだか難しそうだな…」と思う方もいるとは思いますが、断じてそんなことはありません!

以下で解説する内容を理解すれば、誰でもかんたんに暗号資産(仮想通貨)FXを始めることができますよ!

ステップ①:暗号資産(仮想通貨)取引所に登録する

まずは、暗号資産(仮想通貨)FXに対応している取引所への登録を行います。

上記で紹介した取引所の中から、ご自身に適した取引所を選んで登録を行いましょう!

暗号資産(仮想通貨)取引所への登録ステップ

  • メールアドレスを登録する
  • 個人情報を入力する
  • 本人確認書類をアップロードする
  • 本人確認用のハガキを受け取る

国内の暗号資産(仮想通貨)取引所であれば、どこも登録手順は同じです。

メールアドレスの登録後、住所や氏名などの基本的な個人情報を入力します。

その後、本人確認書類のアップロードを行います。

本人確認書類を提出しなければ、取引を行うことはできません。

あらかじめ、各取引所が指定した「本人確認書類」を用意しておくと、スムーズに手続きを進めることが可能ですよ!

全ての手続きが完了すると、登録した住所宛に「本人確認ハガキ」が到着します。

ハガキが到着すれば全ての手続きが完了し、入金から暗号資産(仮想通貨)の取引など、全ての機能が利用可能になります!

ステップ②:日本円を入金する

続いて、取引所に元手となる日本円の入金を行います。

基本的には、以下の方法で日本円を入金することが可能です。

取引所への日本円の入金方法

  • 銀行振込
  • クイック入金(インターネットバンキングなど)
取引所によっても異なりますが、インターネットバンキングであれば即時で入金を行うことが可能です。

ステップ③:ポジションを持つ

入金が完了すれば、いよいよ実際にポジションを保有していきます。

上記の画像は「bitFlyer Lightning」の取引画面になります。

右側の「数量」「価格」を指定し「売り/買いボタン」をクリックすることで、ポジションを保有することができます。

画面左側の「チャート」や「取引板」を確認しつつ、タイミングみて取引を行いましょう!

bitFlyerで無料口座開設!

仮想通貨FXでうまく儲けるためのコツ

先述した通り、暗号資産(仮想通貨)FXでは現物取引よりも大きな利益を狙うことができます。

ただし、闇雲にトレードするだけでは継続的に利益を生むことは難しいです。

次は「暗号資産(仮想通貨)FXで儲けるためのコツ」についてもご紹介していきます!

コツ①:余剰資金で取引を行う

余剰資金で行うことは、暗号資産(仮想通貨)FXを行う上でとても重要なことです。

余裕ではない資金を用いてトレードしてしまうと「儲けたい」という欲が先走ってしまい、冷静な判断を怠ってしまう原因にもなりかねません。

暗号資産(仮想通貨)FXはレバレッジを用いるので、現物取引よりも資金管理をしっかり行う必要があります。

冷静な判断の下でトレードを行うためにも、必ず余剰資金を用いて取引するよう心がけましょう。

コツ②:自分専用のトレードルールを作る

暗号資産(仮想通貨)FXを行う場合は、自分専用の「トレードルール」を作るのがオススメです。

特に重要なのが、損切りを行うラインの設定です。 ポジションを保有する際は、どのラインまで価格が逆行したら損切りを行うのか予め決めておくと安心ですね。

暗号資産(仮想通貨)FXなど、レバレッジを用いる金融商品のトレードは「損小利大」が鉄則です。

いかに損失を小さく抑え、利益を大きくできるかが鍵なので、しっかりと損切り等のルールを作っておきましょう!

コツ③:テクニカル分析を覚える

テクニカル分析をマスターすれば、より高い精度で価格を予測することが可能になります。

テクニカル分析とは

  • 過去のチャートを予測し、様々なツールを用いて将来の価格分析を行うこと

暗号資産(仮想通貨)FXを行うにあたって、テクニカル分析はとても重要です。

過去のチャートを参考にしつつ「トレンドライン」「移動平均線」などのツールを用いて、将来の価格がどう推移するのかを予測します。

プロトレーダーの方でも、テクニカル分析は価格を予測するのに必須です。

過去のチャートから値動きを読み解き、より精度の高いトレードを行いましょう!

暗号資産(仮想通貨)FXを行う際の注意点

 続いて、暗号資産(仮想通貨)FXを行う際の注意点をご紹介していきます。

保有資金よりも大きい金額を扱うので、当然注意点も存在します。 実際にトレードして失敗してしまう前に、しっかりと注意点をおさらいしておきましょう!

追証(おいしょう)

暗号資産(仮想通貨)FXを行う際に最も注意すべきなのが「追証」です。

追証(おいしょう)とは

  • 急激な為替変動で「ロスカット」が追いつかず、保有資金以上の損失が発生してしまった場合、不足分を納入しなければならないシステム。

簡潔に言うと「借金」のようなものになります。

保有しているポジションの含み損が拡大し「ある一定」までの損失に達した時、まずは「強制ロスカット」が執行されます。

ただし急激な相場変動の際は、強制ロスカットが追いつかず、保有資金以上の損失が発生してしまう場合も稀にあります。

その際には「追証(おいしょう)」が発生し、不足分の資金を追加で納入する必要が発生してしまいます。

追証を避けるためにも、資金力に余裕を持ってトレードを行うよう心がけ、しっかりと損切りを徹底するようにしましょう!

暗号資産(仮想通貨)の利益にかかる税金

暗号資産(仮想通貨)で得た利益に関しては、税金がかかります。

厳密に言うと、暗号資産(仮想通貨)を「円」などの法定通貨に両替した際に課税されます。

例えば、10万円の元手で暗号資産(仮想通貨)トレードを行い、20万円分にまで増やしてから出金した場合、

  • 20万円(出金額) - 10万円(元手) = 10万円(利益)

となり、利益分の10万円が課税の対象となります!

暗号資産(仮想通貨)の所得に関しては「雑所得」という扱いになり、他の所得と合算した金額が、以下の税率に基づいて課税されます。

所得の合計金額税率控除額
195万円以下5%0円
195万円を超え 330万円以下10%97,500円
330万円を超え 695万円以下20%427,500円
695万円を超え 900万円以下23%636,000円
900万円を超え 1,800万円以下33%1,536,000円
1,800万円を超え4,000万円以下40%2,796,000円
4,000万円超45%4,796,000円

暗号資産(仮想通貨)FX まとめ

 

今回は「暗号資産(仮想通貨)FX」について解説を行いました。 暗号資産(仮想通貨)FXでは「レバレッジ」を用いることで、保有資金よりも大きな金額を運用することが可能になります。

ただし大きい金額を運用するので、もちろんリスクも伴います。

重要なのは、損失を被ってしまうリスクを最小限に抑えつつ、利益幅を大きく狙うことです。

本記事で述べた「注意点」「コツ」等を熟読し、暗号資産(仮想通貨)FXを初めてみましょう!

bitFlyerで無料口座開設!