ウォルマート、ブロックチェーン利用した配送管理システムの特許公開

 米国小売大手ウォルマートは、ブロックチェーンを活用し、安全に配送するシステムの特許を申請した。米国特許商標庁(USPTO) が5日に公開した。

 ウォルマートが新たに申請した特許「配送指定装置と方法」は、ロッカーに商品を安全に配送し、購入者が取り出すまで保管する、ブロックチェーンベースの管理システムだ

 「ブロックチェーン指定」システムは、どのロッカーが空いており、もしくは占められているのかを追跡するシステムの実施形態のために提案されたものだ。

「ドッキングステーションの各スペースは、そのドッキングステーションそれぞれにおける対応能力がある。容積単位の取引はレッジャー上で追跡され、どのドッキングステーションに容積の空きがあるかを示す。もしくは、その空き容積を予約し、将来の配送のために使われるのかを示す」

 出願書によると、「それぞれのドッキングステーションは、ブロックチェーン上のノードとなる。パブリックレッジャーを頻繁に参照しながら、システム内の空きや予約の有無を公開記録する」。

 今年春初旬、コインテレグラフはウォルマートが、ブロックチェーン を使った「スマート小包」という特許出願について報じた。そこは荷物の中身や環境のコンディション、場所やその他の詳細など広範なデータを追跡するものだ。

 ウォルマートはブロックチェーンを使った様々な特許を出願している。最近では、食料品サプライチェーンの世界での動きを追跡するため、IBMと提携している。

 4月、ウォルマートはフード事業においてブロックチェーンを活用していくと発表している。このほか、同社はブロックチェーンを使った医療品追跡や消費者の再販マーケットプレース、仮想通貨を使ったエネルギー消費管理システムに関する特許を申請している。

 

  • フォローはこちら: