米ウォルマート、ブロックチェーン基盤のドローン通信システムの特許申請

米大手小売りウォルマートは、ブロックチェーン技術を基盤としたドローンの通信システムの特許申請した。8月1日に米国特許商標庁に申請書を提出している。ブロックチェーン技術を使うことで、重要な情報の改ざんを防ぐことができるとしている。

同システムは、ドローンの操作パラメーター(飛行ルートや高度、速度など)を暗号化して、ドローン内に保存されるシステム。保存された情報は別のドローンに渡され、そのドローンが暗号を解読し、読み取り、そのパラメーターを設定する。

ドローンからドローンへの通信システムで、メッセージを頼りにネットワークを調和させ、ドローンが互いの位置や方位を確認するという

システムにブロックチェーン技術を使うことの利点について、ウォルマートは特許申請書の中で「配信される情報の完全性を提供すること」と述べている。重要な情報、たとえば注文の詳細といった情報をブロックチェーンに保存することで、情報が改善されることが防げるとしている。

ウォルマートはドローン向けブロックチェーンソリューションの特許には少なくとも2017年から取り組んでいる。2017年5月には「安全な場所への無人航空機配信」に関するシステムに向けた特許を申請していた

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版