フォルクスワーゲン、ブロックチェーン・スタートアップと自動車用アプリケーション開発へ

 リトアニアに拠点を置き、中古車の履歴レポート用のプラットフォームを開発したカーバーティカルは、製造業者のコンペで勝利を収め、ドレスデンのフォルクスワーゲン(VW)・フューチャー・モビリティ・インキュベーターへのチケットを獲得した。公式のプレスリリースによって明らかとなった。コンペはラトビアのリガで5月31日に開かれた。

 プレスリリースによれば、ドイツ・バルト諸国商工会議所の企画したイベントで、数多くの起業家チームがプレゼンを行い、結果が発表された。専門家の審査員は、カーバーティカルがブロックチェーンを利用して車両履歴を記録するアイデアで審査員団を説得させた、と述べた。

 カーバーティカルは、ドレスデンにあるフォルクスワーゲンのイノベーションハブ「透明工場」で18年9月から業務を開始する。インキュベーションプログラムには、1万5000ユーロの資金援助も含まれる。

 プロジェクトの成果は、ブロックチェーンベースのソリューションの共同開発となる。これは、未来のモビリティアプリケーションのリーダーとしてのフォルクスワーゲンの存在感を高め、カーバーティカルに価値のあるリソースと知見を提供することになる。

 「プログラムと関連して、『透明工場』はメンターやコーチのアシスト、設備の魅力的な労働環境、高品質のITインフラ、フォルクスワーゲンの研究開発スタッフおよび意思決定者とのコネクション、ザクセン州開発銀行(SAB)による専門家のアドバイス、スタートアップ業界への近さ、ドレスデン市からの金銭面、そして人員面での支援も提供する」と、プレスリリースには書かれている。

carVertical

自動車業界におけるブロックチェーン

 担当者によれば、カーバーティカルは最も成功した自動車ベースのイニシャル・コイン・オファリング(ICO)と考えられている。チームは18年1月のICOキャンペーン期間中に約2000万ドルを集め、その目標を達成した。

 カーバーティカルのブログによれば、履歴レコードアプリケーションは、中古車詐欺を防ぐためにデザインされている。アプリケーションを使ってユーザーは、テクニカルパスポートもしくは車体に記された車両識別番号(VIN)によってレコードを見つけることができる。

 同社のロードマップには、分散型車両履歴レジストリを中心とした様々なアプリケーションが含まれる、最初のアプリケーションは、車両履歴レポートのプラットフォームで、6月後半に公開予定である。

 「我々の目標は、世界中のすべての車両購入者が、特定の車両について偽造されていない真正の情報を手に入れることができるようにし、消費者の車両メンテナンスを助けることにある」と、カーバーティカルのウェブサイトには記されている。

 数ヶ月前、同社はグローバルGPSトラッキングソリューションを提供するGPSWOXとのパートナーシップをブログで発表した。カーバーティカルの技術チームは現在、設置ユニットのためのハードウェア仕様に取り組んでいる。

 さらに、不正防止機能のついたグローバル車両履歴レジストリを構築するというカーバーティカルのイニシアチブは、EUによって支持されている。同社の顧問団は、車メーカーの現役および元幹部、サイバーセキュリティの専門家、ブロックチェーンのプロで構成されている。

 

免責事項 :コインテレグラフは当ページのいかなるコンテンツや製品も推奨していない。当社は自らが得たすべての重要情報を提供することを目的にしているが、読者はこの企業に関係したあらゆる行動をとる前に独自の調査を行い、自身の決断については全責任を負わねばならない。また、当記事は投資のアドバイスではない。