Vitalik ButerinがICOの欠陥とイーサリアムの規模拡張の問題を説明

ICOのメリットと欠陥

2017年の初めから、ICOは展開し、ブロックチェーンのスタートアップのための多くと不特定の人からお金を集めるポピュラーな手段になった。一年も経たないうちに、ICO15億ドル集め上げ、そしてEOSBancorなどいくつかの成功したICOプロジェクトは数億ドル集めた。

 

ICOは構造的に、トークンを手にしたそのエコシステムへ投資家たちから、分散したままで資金を集める驚異的な方法である。ICOはスタートアップに短期間で、資金を集めることを可能にし、公にそれらのトークンのマーケットでのキャパシティーを通して、彼らの評価を宣伝することもできる。

 

しかし、ButerinICOには欠陥があると説明した。Buterinによれば、ICOの多くの欠陥は、ICOプロジェクトの中央集権化から生まれる。ICOはイーサリアムでは、純粋に分散され、ピアツーピアのブロックチェーン実施要項で始められる一方、ICOはよく企業やひとつの開発チームの大規模なファンディングで動かされる。

 

Buterinは以下のように説明した。

 

しかしながら、イーサリアムでのICOにも欠陥はある。、そしてICOは、分散型のプラットフォームで行われているけれども、ICOそれ自体はほぼ中央集権的でないという事実から多くの欠陥が発生していると私は思う。というのも、ICOは、潜在的に2億ドル以上のファンディングが可能な一つの開発チームを信頼している多くの人々を、本質的に含んでいるからである。人々がどのプロジェクトが参加する価値があるのか決めるのに役立つ情報を生むあまりいい動機もない。私は中期的に、ICOで資金調達するのは、規制が施行されるかどうかに関係なく、難しくなると考えている。

 

不幸なことに、ICOマーケットの投資家の大多数はICOプロジェクトやブロックチェーンネットワークの技術的な複雑さへの分析や評価を通して投資しているわけではないと証明してきた。そのため、多くのアナリストや専門家はICOマーケット内の規制を求めている。しかし、それとは反対に、ICOマーケットの規制すれば、分散型の方法でクラウドファンディングを利用するという目的をくじいてしまうという意見もある。さらに重要なことに、スタートアップが政府の機関や役人に頼り、ICOプロジェクトが合法なのか詐欺の類なのかを言明してもらうのは非効率的である。

 

 

2~5年かかるイーサリアムの規模拡張問題

 

Buterinはさらにイーサリムの規模拡張に関する大半の問題を解決するには、2年から5年ほどかかるだろうと強調した。特殊なタスクをうまく扱うために設計された他のブロックチェーンと比べ、イーサリアムの実施要綱は分散型のアプリのためのフレームワークや基盤として機能するように開発された。

 

したがって、イーサリムの根本的な規模拡張問題を解決するのは、なおさら複雑で、難しい。しかし、オープンソースのイーサリアム開発コミュニティーのイーサリアムの財団と開発者は効率的にネットワークの規模拡張をするために数多くの解決策を投じてきた。

 

イーサリアムの共同創設者である、Vitalik Buterinは以下のようにコメントしている。

 

私は、この一年の間に生まれた初期のプロトタイプを含め、2~5つのことを言いたい。Sharding,Plasma、そしてRaidenPerunのような多様なチャネル系システム等を含むこのスケーリング問題に対する様々な解決策がよく考え出され、既に開発は始まっている。Raidenが一番初めのもので、その開発者のプレビューはもうすでにリリースされている

 

最近、ButerinはRaidenとその開発チームがプロジェクトにICOトークンは必要ないにもかかわらず、ICOを始めたことをあからさまに批判した。それに呼応して、Buterinはイーサリアムのオープンソースで非営利目的のプロジェクトに資本を提供するために、個人的にプライベートファンドを開発していると公表した。

 

※原文

https://cointelegraph.com/news/vitalik-buterin-explains-flaws-in-icos-and-scaling-issues-in-ethereum

 

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー