ベネズエラ、憲法改正で仮想通貨のための中央銀行設立か

 ベネズエラ制憲議会は、仮想通貨の中央銀行と、最高裁を凌ぐ裁判所の設置を含めた憲法改正の準備をしているようだ。Bitcoin.comが14日伝えた

 制憲議会メンバーのHermann Escarra氏が、カラカスで実施されたロイターのインタビューでこのほど明らかにした。改正憲法に含まれる中銀は、取引や財政金融政策の機能を備えたものになるという。ロイターによると、Escarra氏は議会で最も影響力のあるメンバー。1999年憲法の改正案は35日以内に提出される見通し。

 昨年5月、マドゥロ大統領は、制憲議会に99年憲法の改正案を起草するよう指示した。BBCによると、制憲議会選は昨年7月30日に開かれたが、議会は最初から物議を醸しており、アクティビストらは意見であると非難し、支持派は平和をもたらすと信じていた。

 この改憲には、米国からの経済制裁による危機の中、今年2月に発行された官製仮想通貨ペトロも含まれると予想される。ペトロは石油に裏打ちされたはずの仮想通貨だが、裏付けの証拠がないとして議論を呼んでいる。また、マドゥロ政権の信用力や法定通貨の管理が不十分と指摘する専門家もいる。

 6月、マドゥロ政権は、仮想通貨の監督役カルロス・ベガス氏を解任した。ペトロをプロモーションし、販売する役割を担っていたが、ペトロの売却から50億ドルを得るという目標は上手くいかなかったようだ。

 7月25日、政府はペトロに連動した新通貨ソブリン・ボリバルの流通を8月20日から開始すると発表している。