分散型金融アプリケーションの大多数はイーサリアムベース バイナンスリサーチが調査結果を公表

仮想通貨取引所バイナンスの研究部門バイナンスリサーチが6日に発表したレポートによると、分散型金融(DeFi)アプリケーション(DApp)の大多数がイーサリアムによるものであることが分かった。

レポートによると、6月5日時点でイーサリアムベースのDeFiアプリケーション上に担保された額は5億ドルを超えるという。

Count of DeFi applications by blockchain

レポートでは分散型金融(DeFi)について、

「貸付や借入、または金融商品との取引円滑化のための分散型ネットワークや、パーミッションレスブロックチェーン、ピアツーピア(P2P)プロトコル上に構築されたアプリケーションで構成されるエコシステム。」

と定義されている。このエコシステムはブロックチェーン資産をサポートする貸付や借入プラットフォームで、例として、メーカーDAOとそのステーブルコインであるDAIが挙げられる。

レポートでは、イーサリアムは時価総額の最大規模のブロックチェーンプラットフォームであることからDAppの多くをイーサリアムが占めていることが理にかなっているとしながらも、EOSなどの新しいプラットフォームに取って代わられるかもしれないと予想している。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版