米国最大の仮想通貨取引所コインベースから仮想通貨(暗号資産)ビットコイン(BTC)の流出が止まらない。ビットコインが急騰するたびにサービス停止になることが背景にあるとみられている。

最近のサービス停止は、6月1日にビットコインが1万ドルのレジスタンスを突破しようとした時に発生。多くのユーザーがフラストレーションを感じたようで、 著作「ブラック・スワン」で有名な元オプション・トレーダーのナシーム・ニコラス・タレブ氏もコインベースを使うのを止めた

(出典:Glassnode 「コインベースからのビットコイン流出額」)

6月7日、コインベースからの出金額は預金額を2万2000BTC(約231億円)上回った。過去に2万2000BTCの流出額を上回ったのは、2017年6月28日。ただ当時のビットコイン価格は2785ドルであり、流出額は(約68億円)だった。

コインベースは未だに100万BTC近くを保有。どの取引所よりビットコインを保有している。ただ、3月の仮想通貨暴落以降でビットメックスがリーダーの座を追われたように、コインベースもうかうかしていられないかもしれない。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン