クリスマス明けもリスクオンが続いている。引き続き米中合意への期待感が相場をサポートしているからだ。25日には中国外務省の報道官が「米中の貿易協議の調印やその後の事務手続きについて米国と密接に連絡を取っている」と述べ、26日には中国商務省の報道官が、「両国の担当者は第1段階の貿易協定の調印に接近しており、コミュニケーションを取りながら必要な手順を実行している」と述べた。

NYダウは105.94ドル高の28,621.39ドル、そしてナスダック総合指数は9,022.39と節目の9,000を初めて超えて引けた。ドル円も109.63円と28銭のドル高・円安水準だ。

ただ、リスクオンで円安と同時にドル安も進んでおり、米ドル指数は0.12%安の97.137となっている。

ドル円のテクニカル分析と相場見通し

今日のドル円予想レンジ
109.20~110円

リスクオンの流れが続く中、2日の高値109.73円を上回るかに注目だ。ただ、米ドル指数が安いこともあり、110円台に乗せるのは難しいだろう。