米アップホールドが仮想通貨担保に米ドルとステーブルコインのローンを提供【ニュース】

仮想通貨バンキングサービスのアップホールドは仮想通貨を担保にした米ドルとステーブルコインのローンを提供する。融資会社ソルト(Salt)と提携する。

担保の対象となるのはビットコインやイーサリアム、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、ダッシュ、XRPの6銘柄。

ソルトは申請から24時間以内に米ドルかステーブルコインのローンを組むことができるという速さが強みだ。アップホールドではUPUSD、UPBTC、UPEUPをサポートしている。

ソルトでマーケティング担当を務めるロブ・オデル氏によると、アップホールドのユーザーは希望するローンのタイプや金額、期間などをカスタマイズできるという。さらに仮想通貨担保ローンに対して30%〜70%のLTVオプションを提供している。信用や収入の確認も不要という。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン