米国下院議員がブロックチェーン促進に関する決議を支援

アメリカ合衆国下院は、”消費者の金融ツールへのアクセスと、経済成長と消費者の権利を促進するオンライン・コマースを向上させるテクノロジーのための国策”の採択を求め、拘束力のない決議を可決した。

 

何故急激に注目が集まっているのか?

 

ブロックチェーン技術や仮想通貨における連邦政府の規制は比較的少程度しか進展していないように思える。非営利団体、Coin Centerは米国の議員たちにかけあい、法案の進展に向けて意見交換を行った。発行済みの文書はウェブサイトで確認することができる。

7月、米国政府に対して、テクノロジー、特に暗号通貨とブロックチェーン技術に関する国内政策をさらに進展させるよう呼びかけたレポートが提出された。議案はイリノイ州の米国下院議員、Adam Kinzinger氏によって提出され、カリフォルニア州のTony Cardenas下院議員が後援者である。

支援者の声明によれば、今週初めに口頭投票によって決議が可決されている。決議には拘束力はないため、弥縫策と捉えられる可能性があるが、下院に議案としてブロックチェーンや暗号通貨の話題があがったことはむしろ大きな進歩である。

 

決議の開会の挨拶では次のような内容が話されている―

 

「米国は、消費者の金融ツールへのアクセスと、経済成長と消費者の権利を促進するオンライン・コマースを向上させるテクノロジーを国策として取り入れるべきである」

 

米国下院エネルギーおよび商業対策委員会がブロックチェーン技術についてのディベートを行った数ヶ月後、同議決が発足している。支援者によって議題に上げられた記録書には、彼らが下院議員たちの間で起こっている問題について強く興味を抱いている旨が記されている。

 

テキサス州のMichael Burgress下院議員は公聴会で次のように述べている―

 

「ブロックチェーンによるイノベーションは、今日最先端のものであることは疑いの余地がありません」

 

次の動きは?

 

議会が仮想通貨やブロックチェーン技術に関するより実のある法案の作成に乗り出すかどうかは今後の動きを注視する他ないだろう。次のセッションは11月の大統領選挙の後に行われる予定だ。

現在の決議のあたりさわりのない内容から察すれば、まもなく変更が加えられた法案が議会によって提出されることが予想される。

  • フォローはこちら: