【トルコリラ円FX予想】11月消費者物価指数(CPI)に注目

トルコリラ円予想レンジ 18.90~19.10円

14時33分時点のトルコリラ円は18.9888円。

昨日発表された7-9月期GDP(前年比)は、0.9%と四半期ぶりにプラスを回復したものの、市場予想の1.0%をやや下回った。また、製造業PMIは49.5と景気判断の境となる50に届かなかった。

昨日の経済指標に対する市場の反応は限定的だったが、本日も16時に11月消費者物価指数(CPI)や11月PPI(生産者物価指数)が発表される。CPIの予想は前月比0.70%、前年比11.00%。

12日の木曜日にはトルコ中銀の金融政策決定会合があるが、CPI予想の前年比11%では、これまでの利下げ路線に変化はないだろう。トルコ中銀政策金利は14.0%で、年初の24%から10%引き下げを行っている。

1~2%程度の利下げが行われる可能性が高いが、CPIが予想を大幅に上回るようだと中銀の判断に影響がでる可能性がある。

トルコリラ円 テクニカル分析

トルコリラ円はボックス圏での推移が続いている。12日の政策金利発表まで、もみあいの動きが続きそうだ。