仮想通貨トロンのジャスティン・サン、ウォーレン・バフェットとランチの権利を獲得 バフェットは歓迎【追記あり】

トロンの創業者兼CEOのジャスティン・サン氏が、「投資の神様」ウォーレン・バフェット氏とランチができる権利をeBayのチャリティーオークションで落札した。コインテレグラフに3日シェアされたプレスリリースで明らかになった。

サン氏は、456万7888ドル(約5億500万円)でバフェット氏とのランチの権利を獲得した。ニューヨークのステーキハウスでのバフェット氏とのランチに7名まで友人を連れていってよいという

落札額は全てNPOのGLIDE財団に寄付される。GLIDE財団は、ホームレスやマイノリティー、LGBTQなど経済的に困窮するコミュニティーの支援をしている。

サン氏は、この財団に貢献することの重要性を強調。次のように述べた。

「ビットトレントとトロンの米国本社はサンフランシスコにある。このチャリティーオークションに参加することは我々にとって優先事項だ。我々の地元のホームレスコミュニティーへ重要な支援をするGLIDEに私の入札額が寄付されることを誇りに思う」

バフェット氏は、仮想通貨に対する悲観論を連発していることで知られている。

昨年5月にバフェット氏は、仮想通貨が「悪い結末を迎える」と述べビットコインは「殺鼠剤を二乗したものだろう」と評した。また同4月には、ビットコイン何も生産しない、仮想通貨購入は投資といえず」と話した。

【関連記事:伝説の投資家バフェット氏、株主総会でもビットコインを批判

今回のランチでサン氏がバフェット氏の仮想通貨に対する見方を変えられるのか注目だ。

追記
ロイター通信によると、バフェット氏はサン氏とのランチを歓迎。次のように述べた。

「ジャスティンがランチの権利を獲得したことを嬉しく思う。彼と彼の友人に会えることを楽しみにしている」

一方サン氏も、中国のSNSウェイボーで仮想通貨業界で著名な企業を招待しバフェットとのコミュニケーションをする場にしたいと表明。伝統的な投資家トップとデジタル通貨の架け橋になりたいと述べた。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版