仮想通貨ビットコイン ダークネットに送金された総額が18年に70%増加 | ドル建ての取引高は17年をピークに減少

2018年、ダークネット上のマーケットに送金されたビットコイン(BTC)の総額は70%増加した。チェーンアナリシス(Chainalysis)が1月18日に公開した報告書で指摘している。

ダークネットの動きはビットコインの価格行動から大して影響を受けておらず、ビットコイン価格が下がったとしても、動きが縮小するとは限らないと報告書は指摘している。報告書のデータによれば、18年において、ダークネット上のマーケットでの取引高とビットコイン相場の動きは負の相関関係にあった。

18年を通して、ダークネットのマーケットに送金されたビットコインの総額は70パーセントも増加している。一方、ビットコインの取引高の総額は年間を通して減少している。

Value of BTC Sent to darknet markets and BTC Market Performance

Value of BTC Sent to darknet markets and BTC Market Performance. Source: Chainalysis

チェーンアナリシスのデータによれば、11年以降、ダークネットのマーケットにおけるドル建て総取引高は着実に増加しているが、取引高は17年の7億700万ドルのピークを境に、18年には約14パーセント下落して6億300万ドルとなった。17年から18年にかけて下落したのは、有名なダークネット上のマーケットだった「アルファベイ(Alphabay)」が17年半ばに閉鎖したことが原因だと報告書は指摘している。

Value of BTC in USD & share of BTC economic value sent to darknet markets

Value of BTC in USD & share of BTC economic value sent to darknet markets. Source: Chainalysis

なお、アルファベイの閉鎖後、別の様々なマーケットがその役割を引き継いでいる。その結果、報告書が「ダークネットのマーケットのイタチごっこ」と呼ぶ状況が生まれている。

「閉鎖後にも、ダークネットのマーケットの動きが拡大する傾向を示す証拠が存在する」

それでも、チェーンアナリシスのデータによれば、ビットコインのトランザクションのうちダークネットに送金された割合は、12年に6パーセント以上のピークを迎えた後、17年にはわずか1パーセント以下にまで落ち込んでいる