過去の経験を知るものは売っていない?去年11月の仮想通貨ビットコイン購入者、先週の急落時も保有継続【ニュース】

仮想通貨分析企業のセテリス・パリブスによると、先週の仮想通貨相場急落にも関わらず、去年11月にビットコインを購入した層は売りに走らなかった。

セテリス・パリブスは、ビットコインのUTXO(未使用のトランザクションアウトプット)を分析。過去6~12ヶ月にビットコインを購入したグループからは60万BTC以上が減少。すべてのグループの中で減少幅が最大となった。過去1週間~1ヶ月、1ヶ月~3ヶ月、3ヶ月~6ヶ月に購入したグループもすべてマイナスとなっている。

一方、過去12~18ヶ月にビットコインを購入したグループは、過去7日間で60万BTC近くの増加となった。

2018年11月からビットコインは急落。今年の4月まで3000~4000ドル台での取引が続き、仮想通貨冬の時代と呼ばれた。

11月の急落時にビットコインを買った人々は、先週の下落時にも売らなかった可能性を示している。