仮想通貨(暗号資産)ビットコイン(BTC)のクジラ(大口投資家)が2年ぶりに利益を得たようだ。クジラの動向を分析するWhalemapのデータによると、クジラは2018年第3四半期に9000BTC(約110億6500万円)を購入しており、今回、これから2年ぶりの利益を確定したという。

Whalemapのデータを共有した仮想通貨トレーダーByzantine General氏は次のように話した。

「このクジラは伝説だ。2018年の6000ドル付近の大きなバブルがわかるかい?それが蓄積された9000BTCだ。彼は過去2年間に起きた2回の大きな下落イベントを超えて、ついに利益を得た。」

クジラは2つの大きな下落局面を迎えながらも約22ヶ月間の間、ビットコインを保有していた。この間でビットコインは2回、4000ドル以下に下落した。1回は2019年1月、2回目が2020年3月だ。この大口投資家は最終的に12000ドルで売却した。

(出典:Byzantine General)

クジラの売却は何を意味するのか

8月17日、コインテレグラフは12000ドルから14000ドルのレンジで大きなクジラクラスターがあると報じた

12000ドルのレベルでは、多くのクジラは利益を得られる状態か、損益分岐点上にいる。これはクジラに売りのインセンティブを与える可能性があるだろう。

ただ、今回のクジラの動きが、ビットコインが一時的な天井となったかを判断できるかはまだ不明だ。クジラは大口投資家であるため流動性を重視している。個人投資家の活動が活発化し、クジラが十分な流動性があると感じた際、売りに動く可能性が高くなるだろう。

そのため、今回のクジラの売りは必ずしも、ビットコイン価格がピークに達したことを示すものではない。短期的には調整の可能性が高まると予想することができるだろう。しかし、ビットコインが主要なサポートレベルを下回るまでは一時的なトップが掲載されたと判断するのは時期尚早だ。

一部のクジラが現在のレベルで利益を得ているように見える理由は、ビットコインのスポット取引量が多いことからくるものだろう。

著名仮想通貨トレーダーのBTC_JackSparrow氏は、市場はスポット市場によって「不自然に」動かされていると指摘している。

「市場は今の所、不自然にスポット市場に牽引されたままだ。市場は相対的にオンチェーンの優位性が高いため、価格拡大が再び迫っている。方向性は不明だが、スポットに対してデリバティブが低いこと、スポット取引所がオンチェーンに対して優位性が低いことは非合理な天井を見ていないことを示している」

市場がデリバティブ市場に大きく牽引されると、クジラが求める流動性が低くなり、小さな反落が大きな値動きにつながる可能性がある。

短期的に期待すること

短期的なセンチメントについては依然として定まっていないようだ。

コインテレグラフのアナリストを務めるマイケル・ファン・デ・ポッペ氏はビットコインが11450ドルを下回った場合、10000ドルまで下落する可能性をを指摘した。

「11600ドル時点での反発が出ているので、現時点では問題ない。もし11450〜11500ドルのエリアを維持していれば来週には12000ドルに向けた上昇があるだろう。ただしグリーン・ゾーンを抜けたら10700ドルか10000ドルまで下落する」

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン