米求人サイト、仮想通貨分野の求人案件が倍増 過去3か月で

 エンジェルリストは、スタートアップの求人情報掲載やエンジェル投資家向けに投資の機会を提供する企業だ。エンジェルリストによれば、仮想通貨関連の求人は過去3か月間で倍増した。同社が19日に出した週刊のニュースレターに情報が掲載された。

 エンジェルリストのニュースレターのタイトルは「ビットコインは死んでいない」。ニュースレターに掲載されたデータによれば、仮想通貨に関連にする求人の数は、昨年12月にビットコインが2万ドルの最高値となった時には、約500件だった。ビットコインが下落し、7000ドルを下回った今年2月には、新たに投稿された求人案件は1000件以上となった。エンジェルリストは、「スタートアップは相場を見ていないようだ」と冗談を飛ばしている。

Chart

 エンジェルリストは、「仮想通貨業界で仕事を得る方法」と題した過去のブログ記事において、17年以内に仮想通貨の求人案件は1200件を超えるだろうと予測していた。今年に入って、その数字を実際に超えた。

 ニュースレターは、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)が3月では非常に活発だったと述べる。また仮想通貨に特化したヘッジファンドによる投資が、ベンチャーキャピタルに取って代わり、新しい投資モデルとなっていると指摘している。

 エンジェルリストからスピンオフしたコインリストは、規制に適応した形でのトークンベースの金融サービスのプラットフォームビジネスを展開している。コインリストは4月に実施した最初の資金調達で920万ドルを調達した

 エンジェルリストは、ニュースレターの中で、「分散型ファイナンス」「セキュリティーハードウェア」「分散型インターネット」の分野で求人を進めている企業を紹介している。コインテレグラフでも昨年12月、法務やデザインなど仮想通貨分野で新しい求人が増えている動きを紹介した。