米国の大手決済アプリであるスクエアは、ビットコイン(BTC)を自動で購入する機能を搭載した。

スクエアCEO(ツイッターのCEOを兼務)であるジャック・ドーシー氏は18日のツイッターで、設定された時間で自動的にビットコインを購入する機能を実装したことを明らかにした。

「キャッシュアップでビットコインを定期的に自動購入できるようになった。毎日、毎週、もしくは2週間ごとに」

Square shielding BTC buyers from “market swings”

スクエアには「Auto Invest」と呼ばれる機能があり、これは株式の購入ですでに展開している。

「長期的に考えるのであれば、完璧なタイミングは必要ない」と、ウェブサイトでは新機能について説明している。

「Auto Investを使用すれば、時間の経過とともに定期的に少量を定期的に購入するドルコスト平均法を設定しておくことができる。購入を分散させることにより、市場の変動の影響を最小限に抑えることができる」

New BTC flows to Square

ドルコスト平均法は、キャッシュアップのユーザー(技術志向ではない一般投資家)をビットコインに目を向けさせる動きとなるかもしれない。

ドルコスト平均法を計算するdcaBTCを使うと、過去3年間で毎週10ドル分のビットコインを購入していれば、約65%の利益が得られる。

BTC DCA 3-year chart with weekly $10 buys

出典: dcaBTC.com.

スクエアのAuto Investの機能は、毎日、毎週、毎月などで期間を設定できるが、最低購入額は10ドルからとなっている。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン