韓国仮想通貨取引所アップビット、米ビットトレックスとの板取引提携を解消か

韓国の仮想通貨取引所アップビットは米ビットトレックスと実施していた注文板取引での提携を解消することが報じられている。韓国仮想通貨メディア、ディーセンターが9月25日に明らかにした。

これまで、両者は注文板を共有しており、ビットトレックスの注文がアップビットの注文板に表示されている。

しかし、アップビットは9月25日、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、テザー(USDT)の市場再編を発表。これに伴い提携を解消することを決めた模様だ。

ただ、この当初の顧客への発表では、ビットトレックスとの提携を解消する内容が含まれていたが、現在は「ビットトレックス」の名称は削除されている。

当初は「(再編の)結果として、アップビットを通したBTC、ETH、USDTのビットトレックスでの注文ができなくなります」との表現があったが、現在は「変更後は、アップビットユーザーの注文のみがBTC、ETH、USDT市場に表示されます」となっている。


翻訳・編集 コインテレグラフ日本版