ソニーがマイニング機器を構想中?米国でブロックチェーン関連の特許を2つ申請

 ソニーがブロックチェーン関連で2つの特許を出願していたことが米国特許商標庁(USPTO)のサイトから2日に分かった。ブロックチェーン関連のハードウェアをソニーが構想中であることが明らかになるのは、これが初めてだ。

 一つ目の特許は「分散型台帳を維持するための電子的なノードと方法」と題されていて、「マイニング」を強調する箇所が多くみられる。

 「この分散型台帳は、マイニングとプルーフ・オブ・ワークの機能を使うほか、報酬(通貨)を利用するかもしれない。通貨やマイニング成果の報酬として与えられるビットコインのようなものだ」

 コインデスクは、ソニーがマイニングのためのハードウェアを開発しているのではないかとみている。
 

 一方、二つ目の特許は、「デバイスとシステム」と題されていて、ノードの数が少ないネットワークにおけるセキュリティーリスクについて注意を払う記述がみられる。

 ソニーは去年10月、ブロックチェーンを基盤とした2要素認証システム (MFA) の特許申請を行っていた