底はまだ遠いのか?ビットコインのチャート、去年4〜5月と酷似【仮想通貨相場】

7500ドル付近での推移が続くビットコインだが、テクニカル的には2700ドルまで下がる可能性もあるという声が出ている。

仮想通貨投資家キース・ウォーレン氏はコインテレグラフに寄稿。市場に流れる楽観的なムードに釘をさした。

同氏は、先週にCMEのビットコイン先物の「ギャップ(窓開け)」が埋まったものの、価格を上方で維持することはできなかったとことを問題視。価格の変動範囲を予測するボリンジャーバンドのサポートがある6900ドルを守れなければ、今後5〜6ヶ月で2700ドルまで激しい売りが起きるかもしれないと述べた。

BTC USD weekly chart

(出典:TradingView 「ビットコインとボリンジャーバンド」)

CMEのビットコイン先物チャートでは、週末などマーケットが休みの際にビットコインが大きく動く場合、「ギャップ(窓開け)」が生まれる。そして経験的にこのギャップは埋められる傾向がある。

底は2020年5月か

ウォーレン氏が現在の相場に懐疑的理由は他にもある。

同氏は、現在の相対力指数(RSI)と2018年4~5月頃のRSIの動きが似ていると指摘。同じパターンが繰り返されるとしたら、今回の相場の底は2020年5月頃になると考えられる。

BTC USD RSI weekly chart

(出典:TradingView「ビットコインのRSI(週間)」)

週間MACDも弱気

2本の移動平均線を使ってトレンドを探るMACD(移動平均収束拡散法)も弱気トレンドを指している。

BTC USD MACD Weekly chart

(出典:TradingView「MACD(週間)」)

ウォーレン氏は、週間のMACDも2018年4~5月の頃の動きと告示ていると指摘。当時も多くの仮想通貨専門家がツイッター上で底をつけたと発言していたが、実際に底をつけたのははるかに先立ったと述べた。