【特別寄稿】スマートコントラクトが弁護士業を破壊する

ここに述べられている見解や意見は、あくまで筆者/寄稿者のものであり、筆者の所属する世界銀行、またはコインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンの見解を反映するものではありません。

 スマートコントラクトが正義の味方になるかもしれない。

 大手法律事務所のエイキンガンプのパートナー弁護士が、シリコンバレーのIT企業から不正取引によってビットコインを取得した罪でFBIに逮捕された。

 舞台はカリフォルニア州クパチーノのヒルトンガーデンヒルの静かなロビー。2017年1月31日午前9時55分10秒、この優雅なホテルのロビーは犯罪現場へと変わった。

 「私の人生は終わったーー」。

 逮捕されたのは名門法律事務所であるエイキンガンプのパートナー弁護士で元米国司法省の検察官のジェフリー・ワートキンだ。同氏は、「ダン」という偽名を使い正体を隠すためにかつらを付けていた。

 ワートキンは米司法省で働いていた当時、シリコンバレーのIT企業に対して起こされた内部告発の情報を盗んだとされている。捜査が進むなか、そのIT企業を手助けし司法の手から逃れさせるために、ワートキンは機密の内部告発情報をIT企業に売却し、31万ドルの価値がある「追跡不可能な」310ビットコインを手に入れようとしたが、代わりにFBIによって逮捕されることとなった。

 ビットコインで億万長者になるワートキンの夢は17年11月29日に崩れ去った。2つの司法妨害の罪と州を越える盗品移動の罪で有罪判決を受けた時のことだ。

 司法省の検事は18年3月14日に予定される結審において、30~37ヶ月の刑期を要求する予定だ。

 またワートキンは法律事務所から解雇されている。

ブロックチェーンが弁護士の機能にとってかわる

 実はビットコインは不正取引には不向きだ。ビットコイン取引は追跡可能でブロックチェーンを使って公開されるからだ。ブロックチェーンとはコンピュータネットワーク上に分散されるデジタル取引台帳であり、1つや複数のサーバー上にあるものではない。ビットコインでの取引は時系列順に公的に記録される。ブロックチェーン上の取引記録を変更することはほぼ不可能だ。

 イーサリアム共同創始者のヴィタリック・ブテリン氏は「ブロックチェーンにおけるすべての取引は、暗号化された証拠の監査可能な痕跡を伴う。我々が交流する相手が正直に振る舞うことを望むことよりも、私達はシステム内にその特性を有するブロックチェーンを形成している。そうすることで、多くの参加者が腐敗していたとしても私達が期待する保証機能を維持することになる」と説明する。

 今日の商業的および経済的なエコシステムにとってブロックチェーンが破壊的なのは、取引を証明するための仲介者を信用する必要性を排除する機能である。この機能は、イーサリアムブロックチェーンがスマートコントラクトを形成するために使用される用途に適している。

 スマートコントラクトはプロトコルまたはアルゴリズムであり、法的関係性をコードに落とし込み、契約の交渉の過程や実施状況を認証することができる。またプログラムされた条件がそろうと条項が執行される。

 「スマートコントラクトはロジックを数行のコードで記述することだけで、任意に事前規定した契約を含むデジタル資産を移動することができる」とブテリン氏は説明する

 弁護士たちはスマートコントラクト技術が法律業界にとって止めることのできない破壊力になることを理解している。

 例えば、データの不変性を保証するブロックチェーン上の台帳は、商標や著作権が初めて使用された時のタイムスタンプと法的に擁護可能な記録を作成することを可能にする。そしてそれはクライアントがそのマークを登録する場合に彼らに有利となるような証拠となる。

 2018年1月9日、カメラメーカーのコダック社は、ブロックチェーンのセキュリティ技術を利用したコダックコイン仮想通貨の発行を発表した。これは画像所有権のデジタル台帳で、そのプラットフォーム内で使用ライセンスの供与ができる。著作権の登録と追跡のためにブロックチェーンを使用することは理にかなっており、同社の株価は発表後89パーセントも急上昇することになった。

 「コダックコインに参加する写真家は写真のためのニューエコノミーに参入するよう招かれている。売上発生と同時にすぐに画像使用ライセンスへの支払いを受け取り、プロとアマチュアの両方の写真家が安全なブロックチェーンプラットフォーム上で作品を他人に知られることなく販売することができる」とコダックは言う。このコダックの写真家向け仮想通貨は、アメリカ、イギリス、カナダ等の国からの資格を有する投資家向けICOによって行われる。(参加には20万ドルの収入、または100万ドルの純資産が必要。)

セルバ・オゼリ(弁護士、公認会計士)は、国際税務弁護士、公認会計士。税務、法務、会計の問題についてTax Notes、ブルームバーグBNA等に寄稿している。

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー