仮想通貨でサッカー観戦チケットや物品購入が可能に ポルトガルのサッカーSLベンフィカが導入

ポルトガルのサッカークラブチームSLベンフィカは、物品やチケットの購入決済に仮想通貨を受け付ける。ニュースサイトVerdict(バーディクト)が6月6日に伝えた

SLベンフィカは、仮想通貨サービスのUTRUST(ユートラスト)と提携して、仮想通貨決済サービスを提供する。同クラブチームのウェブサイトで販売しているチケットや物品をユートラストのネイティブトークン(UTK)、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)で購入することができる。

ユートラストは、SLベンフィカに対し、仮想通貨から法定通貨へ即座に換金するサポートも提供する予定だという。

ソーシャルメディアを活用するSLベンフィカファンは約700万人いるとされ、ファン全体の数はその倍とされる。SLベンフィカは、「より安く、速く、安全なオンラインの決済サービスを導入することでファン層を拡大させることが狙い」だとし、ドミンゴス・ソアレス・デ・オリベイラ最高経営責任者(CEO)は以下のように述べている。

「今の時代、多くのサポーターがデジタルユーザー主義だと認識している。我々は時代を先取りして、この新手の技術を採用し、サポーターに最適なオンライン体験を提供したい」


翻訳・編集 コインテレグラフ日本版