日本のフィンテック協会、シンガポールの協会と覚書

日本のフィンテック協会(FAJ)とシンガポールフィンテック協会(SFA)は、フィンテック共同開発のための相互支援に関する覚書(MOU)に署名した

発表資料では、「我が国のフィンテック業界の認知度向上、日系フィンテック企業のアジア諸国への進出拠点としてのシンガポール展開にも寄与する」と意義を強調する。

覚書は13日に開催されたMoney 20/20 Asiaで正式に署名された。

SFA代表のチア・ホク・ライ氏は、この新しいパートナーシップは「両国の2つのフィンテックコミュニティの架け橋」として役立つだろうと述べた。FAJのナタリー志織フレミング共同代表理事は「シンガポールのフィンテックコミュニティとの関係を深めることで、2つの市場におけるシナジーが強くなることを期待しています」と応えた。

 

  • フォローはこちら: