シンガポールのOCBC銀行がJPモルガンの国際送金システムIINに参加 | 仮想通貨JPMコインと同じブロックチェーン基盤

シンガポールのオーバーシー・チャイニーズ銀行(OCBC)が米JPモルガン・チェースのブロックチェーンを使った決済サービス「銀行間情報ネットワーク(IIN)」に参加することが明らかになった。

ビジネス・タイムス・シンガポールが20日に報道した。

IINはクロスボーダー(国をまたいだ)送金分野でリップル社やSWIFTのライバルになるとされている。ビジネス・タイムス・シンガポールによると、アジア太平洋地域ですでに134の銀行がIINに参加しているという。

OCBCは資産規模で東南アジア第2位の銀行。これまでIINには多くが小規模銀行だったが、今年9月にはドイツ銀行も参加したことが明らかになっている。

【関連記事:ドイツ銀行、JPモルガンの国際送金システムに参加 | 仮想通貨JPMコインと同じブロックチェーン基盤、他の大手行も追随か


翻訳・編集 コインテレグラフ日本版