米著名投資家が仮想通貨ビットコインを「ゴミ」呼ばわり

米著名投資家のケビン・オリリー氏が米主要経済番組CNBCのインタビューに答え、「ビットコインはゴミ」と発言した。

起業家が持ち寄るプロジェクトにその場で投資するか判断するビジネス・リアリティー番組「シャークタンク」にレギュラー出演するオリリー氏。「ビットコインは役に立たない通貨。私にとってはゴミだ」と述べた。

オリリー氏は、スイスで不動産を1000万ドルで購入する際、ビットコインで払うケースを想定。不動産の売り手は同じ額でビットコインを換金できるようにするためボラティリティ(変動幅)のリスクをヘッジしないとダメだが、「売り手はそのリスクを取らないだろう」と述べた。

オリリー氏が念頭に置いているのは、支払い手段としてのビットコインのようだ。だが、「デジタルゴールド」としてビットコインを金のような価値保存手段とみる専門家もいる。

【関連記事:元ゴールドマンサックスのノボグラッツ氏「ビットコインがデジタルゴールドになる」と予想

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版