米SECの主任会計官「デジタル資産やブロックチェーンは企業の味方」

米証券取引委員会(SEC)の主任会計官であるウェズリー・ブリッカー氏は、デジタル資産とブロックチェーン技術の出現によっても、企業の財務報告に関する「基本的責任」は変わらないと発言した。SECの主任会計官は企業の会計制度を担当する。

ブリッカー氏は17日、ワシントンDCで開かれた米公認会計士協会(AICPA)のカンファレンスでスピーチした。

ブリッカー氏は、財務報告に関する発行体のコンプライアンスのため、「会計担当者が不可欠なゲートキーパー機能を引き続き実行できるよう、新技術についての情報を常に把握することが重要だ」と冒頭で強調した。

同氏は、技術革新は「企業のビジネスや財務報告の味方であり、敵ではない」とコメントし、次のように発言した。

「技術の変化が、投資家やパブリックな資本市場の足を引っ張るようなことになってはならない。さらに、企業は分散型台帳技術(ブロックチェーンなど)スマートコントラクト、その他の技術で動くアプリが使用されているか否かに関わらず、適切な会計帳簿を引き続き維持する必要がある

ブリッカー氏は、企業および監査法人は、新しい技術が登場しても監査基準および連邦証券法で求められる要件(報告義務や適用範囲)を厳密に守らなければならないと強調した。

分散型台帳技術とデジタル資産は、いかにポテンシャルがあろうと、この基本的な責任に変更を加えるものではない」と指摘した。