SEC委員長、ビットコインETFで「進展があるのは確か」

SEC(米証券取引委員会)のジェイ・クレイトン委員長は、CNBCのインタビューに答えて、ビットコインETFで「進展があるのは確かだ」と発言した。

「ビットコインETF承認に向けて我々は近づいているか」という問いに対して、クレイトン氏は、「簡単な答えは、イエスだ」と回答。ただ、「まだ残っている仕事もある」と話した。

「カストディー(資産管理)がしっかりできて仮想通貨をしっかり保有できていることを我々はどうやったら知れるのだろうか?これが大事な問題だ。そしてさらに難しい問題は、多くの規制のない取引所でトレードが行われているため、価格操作にさらされていないとどのように証明できるのか?だ」

クレイトン氏は「進展があるのは確か」としつつも、申請者は上記のような難しい問題に答えなければならないと述べた。

現在、市場関係者が注目するビットコインETFは、ビットワイズヴァンエックらが申請している。最終期限はそれぞれ10131018となっている。

ビットコインETFにより、機関投資家のさらなる参入が促されると考えられている。

【関連記事:SEC、3つのビットコインETFの可否判断を延期 次の期限は秋