サムスン、仮想通貨ウォレットの商標を英国で申請

韓国のサムスン電子が英国で仮想通貨ウォレットの申請をしていることが27日に明らかになった。今月中旬にサムスンは、サムスンのスマートフォンに仮想通貨ウォレットが搭載されるのではないかという噂について否定していた。

申請書類によるとサムスンは以下の商標を申請している。

「仮想通貨ウォレットとしてのコンピューターソフトウェアの利用、仮想通貨送金やブロックチェーン技術を使った支払いのためのコンピューターソフトウェア、スマートフォーン向けのコンピューター・アプリケーション・ソフトウェア、つまり、ブロックチェーン技術に基づき仮想通貨の送金ができ、第3者のアプリケーションソフトウェアを使って支払いができるソフトウェア」

サムスンのスマホに仮想通貨ウォレットが搭載されるのではないかという噂について、今月12日、サムスンは否定している