サムスンとカカオがタッグか ブロックチェーン「クレイントン」を活用したスマホ投入へ=WSJ

韓国のサムスン電子は、最新スマートフォン「ギャラクシー Note10」にブロックチェーン対応モデルを投入する。米ウォールストリートジャーナル(WSJ)が5日、関係者の話として報じた。メッセージアプリ大手カカオのブロックチェーン「クレイトン」を活用しており、新モデルは「クレイトンフォン」と呼ばれるという。

WSJの報道によれば、サムスンの「クレイトンフォン」は韓国のみで販売し、価格は1000ドル程度になるという。仮想通貨ウォレットが組み込まれており、ブロックチェーン関連のアプリもプレインストールされている。

さらにカカオのブロックチェーン子会社グラウンドXが発行する仮想通貨「クレイ(Klay)」を、購入者に一定額付与するという。

9月はじめの報道では、カカオは仮想通貨「クレイ」を中国と韓国の仮想通貨取引所で上場させるため、取引所サイドと協議中であることが明らかになっている

【関連記事:韓国カカオの仮想通貨クレイ、上場に向け中韓の仮想通貨取引所と協議中か

またサムスンは今年3月、スマートフォン「ギャラクシーS10 」で仮想通貨の秘密鍵を保管できることを発表。8月末には、ステーブルコインなどもサポートすると報じられている

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版