ロシアの自治管区ユグラ、ブロックチェーンで観光プラットフォーム立ち上げ

ロシアのハンティ・マンシ自治管区・ユグラはブロックチェーンを使った観光プラットフォームを立ち上げると発表した。6月7日にタス通信が報じた

報道によると、サンクトペテルブルグで開かれた国際経済フォーラムで同自治管区政府開発基金のローマン・ゲンケル氏がブロックチェーンスタートアップであるユニバーサ社とプラットフォームの立ち上げに合意したという。

観光プラットフォームについて、ユニバーサ社のアレクサンダー・ボロディッチCEOは以下のように発言した。

「分散台帳技術を使い、お金をタグ付けすることで政府の補助金や投資を不正利用から保護できる」

同社は観光商品や交通機関、宿泊施設、ケータリング業社、投資家から観光客までを全てつなぐ多言語対応プラットフォームを開発するとの目標を掲げている。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版