リップル、首都ワシントンに新オフィス開設 仮想通貨・ブロックチェーンで政治家教育へ【ニュース】

リップル社が米国の首都ワシントンDCに新たなオフィスを開設した。政治家や規制当局との関係強化を狙う。

新オフィスは、仮想通貨・ブロックチェーン分野で政策決定者に教育を行うことに焦点を当てる。クレイグ・フィリップス氏、ミシェル・ボンド氏、ロン・ハモンド氏、スーザン・フリードマン氏の4名が新オフィスで働くことになる。

フィリップス氏は、ムニューシン財務長官の元法律顧問。以前はモルガン・スタンレー、ブラックロック、クレディスイスなどで要職についていた。また、ハモンド氏は仮想通貨推進派議員のウォーレン・デービッドソン氏の元アシスタントフリードマン氏はCFTC(米商品先物取引委員会)のタバート委員長の元法律顧問。米政府に太いパイプを持っている。

また、リップル社は規制当局やロビイストとの繋がりがあるブロックチェーン協会にも加盟する。ボンド氏がリップル社から取締役として参加する。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版