格付け会社ムーディーズ「ブロックチェーンは2021年までに標準化され、証券化に貢献する」

米国の格付け会社ムーディーズは5日、ブロックチェーン技術は2021年までに標準化され、証券化に貢献するというレポートを発表した。

標準化により証券化の時間やコストの節約、自動化、データの高速化につながるとしている。

ムーディーズのシニアアナリストであるフランク・セルベニー氏は以下のように述べた。

「ブロックチェーン技術の標準化によって証券化のメリットを享受しやすくなる。(中略)標準化はシステムや市場関係者のインターオペラビリティを向上させ、取引先企業の集中の減少、ブロックチェーン技術を使ったトランザクションに関する法規制リスクも軽減される」

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版