トロン創設者、ビットトレントの買収完了か=米メディアが報道

 ソフトウェア企業のビットトレントは、TRONプラットフォームの開発者でブロックチェーン起業家であるジャスティン・サン氏に売却されたと報じられている。米誌バラエティが11日に伝えた。

 この買収は先週にクローズしたという。ビットトレントの経営陣が取引について従業員に伝えた。バラエティのニュースソースによれば、ビットトレントの従業員はいかなる情報も公開しないように言われているという。またバラエティによれば、ステークホルダーの中には、今回の買収を仲介するために雇われたエージェントから連絡が来ている者もいるという。買収金額などの詳細については、現時点で情報が得られていない。

 先月、ビットトレントはトロン創業者によって買収のプロセスにあるとの報道が出ていた。サン氏は、昨年9月にビットトレントとの買収交渉に入っており、今年1月に買収の基本合意書に署名したと報じられていた。ビットトレントが追加の入札者と交渉を開始したため、買収交渉は中断していた。ほかの関係者が現れたことで、サン氏はビットトレントに対して潜在的買主との接触禁止を求めて裁判所に訴えていた。

 サン氏は最終的にこの訴えを取り下げ、「レインベリー・アクイジション(買収)」という名の持ち株会社を登記した。昨年のはじめ、ビットトレントはレインベリーと社名を変更している。先週、レインベリー・アクイジションはカリフォルニア州に対して買収による変更届を提出したと報じられている。レインベリー社側も同じ日に変更届を提出しているという。

 スン氏も社内の関係者も現時点ではコメントを出していない。記事公開時点で、トロン(TRX)は0.048ドルで取引されており、時価総額は31億ドルとなっている。

  • フォローはこちら: