欧州中央銀行、理事会でデジタルユーロの可能性を議論へ【ニュース】

欧州中央銀行(ECB)が今週、政策を議論するECB理事会で独自のデジタル通貨の可能性を議論する可能性が浮上している。ブルームバーグが11日に報じた

ブルームバーグは、複数の理事会メンバーの話として、今週ドイツ・フランクフルトで開催される理事会で議論される見込みであると報じている。

今年11月にECB総裁に就任したばかりのクリスティーヌ・ラガルド総裁は、12月2日の欧州議会のスピーチの中で、デジタルユーロの導入可能性に触れたばかりだ。ラガルド総裁は、前職の国際通貨基金(IMF)専務理事時代から「中央銀行デジタル通貨(CBDC)」導入の可能性に言及している

また12月には、ロイターがECBの機密文書について報道。その文書の中では、欧州で現金利用が低下した場合にデジタルユーロを導入する可能性があると述べていた。

【関連記事:ECB機密文書、「現金利用の低下でデジタルユーロの取り組みが加速する可能性」

【関連記事:ECB総裁のラガルド氏、デジタルユーロ導入の可能性を示唆