「臆病者め、テープを公開しろ」ルビーニ教授、仮想通貨取引所ビットメックスCEOに要求

「破滅博士」と呼ばれるニューヨーク大学のヌリエル・ルビーニ教授は、仮想通貨取引所ビットメックスのアーサー・ヘイズCEOとの討論会のテープを公開するように求めた

7月2日と3日に台湾で開かれたアジア・ブロックチェーン・サミット2019で、アンチ仮想通貨のルビーニ教授とビットコイン強気派のヘイズCEOはディベートを行なった。しかし、主催者側はライブ中継を行わなず、失望の声が上がっていた。

【関連記事:”台北の戦い” 仮想通貨史に残るか ヘイズCEOとルビーニ教授がディベート(ハイライト版)

ルビーニ教授は、ビットメックスによる検閲だと批判。次のようにツイートした

@CryptoHayes(ヘイズ氏) の新たな詐欺だ。ブロックチェーンカンファレンス主催者に対して我々の討論会の録音を許可せず、ライブ中継もさせなかった。彼は、唯一の音源を持っている。きっとかなり編集した「ハイライト」をリリースするだろう。私は討論会で@CryptoHayesに圧勝した。彼は隠れている。臆病者め、テープを公開しろ」

一方ヘイズCEOは、「心配するな。あなたの浅はかな経済学と技術に対する理解がすぐに白日の下に晒されるだろう」と返信している

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版