”台北の戦い” 仮想通貨史に残るか ヘイズCEOとルビーニ教授がディベート(ハイライト版)

「クソ米国政府(fucking US government)」、「草コイン(Shit Coin)」、「仮想通貨は完全にたわごと(Total bull shit)」…。

仮想通貨業界でのディベートと言っても、いわゆる放送禁止用語がこれほど連発されることも珍しいだろう。

台湾の台北で行われたアジア・ブロックチェーン・サミット2019の2日目、100倍レバレッジで有名な仮想通貨取引所ビットメックスのアーサー・ヘイズCEOと「破滅博士」という異名を持つニューヨーク大学のヌリエル・ルビーニ教授が討論を行なった。ビットコイン強気派とアンチ仮想通貨派による一騎打ちあってと事前の注目度はかなり高かったが、討論会は聴衆の期待を裏切らずに大いに盛り上がった。

仮想通貨業界関係者のイベントで開催される討論会であるため、もちろんルビーニ教授にとっては完全なアウェイ。ルビーニ教授が勝利すると事前に予想した人の割合は2割ほどしかいなかった。

しかし、数百人ほどの聴衆はルビーに教授に対して一度もブーイングをせず、むしろたびたび拍手喝采した。

「仮想通貨は完全なる詐欺(Scam)」、「ブースに集まって草コイン(Shit Coin)の話をする意味が分からない」、「ブロックチェーンもスプレッドシートレベルだ」などとルビーニ教授が仮想通貨・ブロックチェーンを完全否定するたびに、なぜか聴衆は喜んだ。教授でありながら司会者の制止を何度も無視して、感情丸出しで自分の主張を続けるルビーニ教授を憎む気持ちにはなれなかったのだろう。

実際、52対48でルビーニ教授は勝利したのではないかとみる仮想通貨メディア関係者もいる。

一方、ヘイズCEOも、期待を裏切らなかった。絶妙な切り返しに分かりやすい説明。決済手段というより「金融プライバシー」の重要性に人々が気づく時、ビットコインの価値は大きく変わるという主張は説得力があった。また、「別に仮想通貨を買えと強制していない。あくまで選択肢なんだ」という謙虚な姿勢にも共感が持てる。

1時間弱のディベートでは様々なトピックについてほぼ毎回真逆の意見が飛び出た。唯一、両者が合意したのは「フェイスブックのリブラは仮想通貨ではない」という点だろう。司会者である英国人ジャーナリストが最後に「私のクイーンズイングリッシュはほとんど披露されなかったな」と自虐的に振り返ったのが印象的だった。

以下は、「なぜ仮想通貨は必要か」というテーマで行なわれたディベートの一部を抜粋したものだ。

なぜ仮想通貨が必要か?

ヘイズCEO

「新たな選択肢をもたらす。アナログからデジタルへと進む時代の中、最も匿名性の高い現金がなくなる。そうなれば全ての経済活動が監視されることになる」

「一方、ビットコインは自分の経済活動を自分がコントロールするという意味で、異なる選択肢を提供する」

ルビーニ教授

「ビットコインは1秒に5回しか取引できない。今銀行業界で起きている革命はフィンテックと呼ばれている。仮想通貨でもブロックチェーンでもない」

「決済システムにおいては、すでに全てのものがデジタル化されている。アナログからデジタル化が進むかという段階ではない。現在のデジタル決済システムは、1日数十億人に数十億回のペースで使われている。1秒に5回ではない。スケーラブルではない」

そもそもこのカンファレンスもビットコイン支払いを受け付けていないではないか。なぜなら最近の1週間で30%ほども価格が急落したからだ。もし受け入れていたら、破産していたところだね。全く使えない」

くさい草コイン(Stinky Shit Coin)どもめ

ヘイズCEO

「(中国の)ウィーチャット・ペイは便利だ。ただそのかわりにあなたの全ての取引はテンセント社に監視されており、結局は中国政府に監視されることになる。スイカを買うくらいなら良いだろう。しかし、もしあなたが政治活動家だったら?銀行システムへのアクセスを拒否されるね。香港では実際に起きていることだ。」

「分散型のP2P(ピアツーピア)取引はアリペイほど速くない。しかしユースケースが違う」 

「スピードは重要ではない。10倍速くなったとしても(仮想通貨を)誰か使うようになるのか?だれも気にしないだろう。私たちにとって金融プライバシーを守る手段が必要かどうかという話だ。人々は、まだそれについて気付いていない」

「50年後、もしアリババ、フェイスブックそしてグーグルが全てをコントロールしたら、人々は大企業にコントロールされていないものを好きになるだろう。ビットコインは決してニッチなマーケットにはならない

ルビーニ教授

「インドや中国などの新興国の決済は欧米より発展している。決済、クレジット、少額決済、思いつくものは何でもモバイルを使って可能になっている。数十億人が数十億回の取引を毎日している。コストゼロでだ」

「ダメダメな草コインではない。無価値でスケーラビリティはゼロだ。誰も使っていない。だから貧乏人を騙すのはもうやめろ。完全な詐欺で(Scam)でたわ言(bull shit)だ」