仮想通貨チップサービス「チップジャー」がサービス停止発表 利用者減少が響く

イーサリアムを利用したサービス「チップジャー(TipJar)」がサービスを停止する。チップジャーはレディットユーザーが仮想通貨イーサ(ETH)やERC-20トークンによる少額決済やチップ機能を提供するサービスだが、最近はほとんど利用されない状況だったという。

開発者が10月7日にサービス停止をレディットに投稿した。当面ウェブサイトは稼働するが、2020年4月10日に完全に閉鎖される。開発者は、アカウントに残高がある場合、できるだけ早く出金するように求めている。

サービス停止の理由として「ボットでのアクティビティがほとんどない」状況のためだったと説明している。

「私は数年間サーバーの料金を払ってきたが、現在は使用されなくなってしまったため、このサービスにお金を注ぎ続けることにあまり意味がなくなった」

最近では、アルトコイン専門の仮想通貨取引所コインエクスチェンジが閉鎖を発表したばかりだ。コインエクスチェンジは「必要なレベルのセキュリティとサポートを提供するためのコストが利益を上回っている」と理由を説明した。

【関連記事:アルトコイン専門の仮想通貨取引所コインエクスチェンジが閉鎖へ 収益悪化で継続が困難に

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版