「米ドル30%下落も」著名投資家ダリオ氏が最悪のシナリオを予想 仮想通貨には慎重姿勢

米国の著名投資家レイ・ダリオ氏は、米国経済の最悪のシナリオとして米ドルが30%下落し基軸通貨としての地位が脅かされる可能性があると警告した。ブルームバーグが13日に報じた。過去にダリオ氏は、仮想通貨についてポテンシャルはあると認めつつも慎重な姿勢を見せていた。

世界最大規模のヘッジファンド「ブリッジウォーター・アソシエーツ」の創業者であるダリオ氏は、ブルームバーグのインタビューに答えて、審判の日について語った。

ダリオ氏は、米国の経済回復が続かず、2年ほどで経済危機を迎えると予想。ただ今回は負債だけが問題ではなく、財源のない年金やヘルスケア義務への負担も問題になるとみている。このため、米国は国債の発行量を増やさなければならないと指摘している。

米連邦準備制度理事会(FRB)は、負債の穴埋めをするためにマネーの発行量増やさなければならなくなる。もっと貨幣を鋳造しなければならなくなる。そうなればドルの価値は下がる。30%下落する可能性も出てくる」
「我々は自分たちの通貨で借金ができるという特権的な地位にいる。準備通貨として米国は支配的だからね。しかし我々はその地位を危険にさらしている。借金し過ぎだ

ブルームバーグによると、米国債市場の規模は、10年前は約5兆ドルだったが現在は3倍以上の約15兆ドルに拡大している。

一方仮想通貨についてダリオ氏は、去年12月、投資家のレベルが低いことなどを理由にバブルの様相を呈していると指摘し、今のところ効果的な交換手段としても価値保存手段としても機能していないという見解を示したものの、コンセプトとしては可能性があると話していた