楽天の仮想通貨取引所 楽天ウォレット ビットコインSVを日本円で交付へ コインチェックに続き対応発表

仮想通貨取引所「楽天ウォレット(旧:みんなのビットコイン)」は3月25日、2018年11月の仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)ハードフォークにより誕生したビットコインSVについて、日本円に換算し交付すると発表した

対象は、ハードフォーク発生時点(2018年11月16日午前2時52分01秒)でBCHを保有していた顧客。詳細は、対象の顧客にメールで連絡するとしている。両替のレートは明らかになっていない。

楽天ウォレット(当時はみんなのビットコイン)は、当初BCHのハードフォーク対応に関しビットコインSVをサポートする予定はないとしていたが、2018年11月14日に同社顧客の資産保護と利便性確保の観点から、ビットコインSVのサポートも検討すると発表。対応方針決定後、改めて告知するとしていた。

BCHは、2018年11月16日未明、ビットコインABCとビットコインSV側のアップグレードを巡る対立により、結果として2つのチェーンにハードフォークした

コインチェックも今月18日、ビットコインSVについて、日本円で交付を行うと発表していた。