ポロニエックス買収のサークル社、元スクエア幹部を新CFOに

 送金サービスのスタートアップ企業サークルは、スクエア社、ボックスド社、セールスフォース社の幹部であったナイーム・イシャク氏を、新しい最高財務責任者(CFO)として迎えた。26日にブログで発表した

 サークルのジェレミー・アレアCEOは、イシャク氏を「サークルにとって非常に重要かつ貴重である」と評価。「最近のポロニエックス買収やサークル・インベスト・アプリの発表、サークル・ペイとサークル・トレードの世界的な拡大継続など、当社は変革期にあり、ナイーム氏はここに加わる」と続けた。

 イシャク氏の参加は、サークル社がおよそ4億ドルでポロニエックスを買収してからおよそ1カ月後のことになる。

 サークルは以前、仮想通貨に対し傍観主義的なアプローチを採用し、16年12月には、ウォレットや取引のサポートを停止した。その後のポロニエックスの買収は、復興の第一歩と見られ、サークルはアジア市場への参入により、取引所の存在感を高めると発表している。

 同社の新しいサークル・インベスト・アプリは、仮想資産取引をユーザーに提供し、今月の初めに米国の46州で運用が始められた。

 アレアCEOは「この転換期にあって、我々はスタートアップから一流のグローバル企業に成長しようとしている。ちょうど仮想通貨が早期採用者の新製品から、未来の社会と経済にとって欠かせない存在となっているように」と、仮想通貨の進歩に対し賞賛を送っている。

  • フォローはこちら: