中国人民銀行、新たな仮想通貨を発行か

中国の国立銀行、中国人民銀行が2016年1月20日に、公式サイトにて新たな仮想通貨を発行する意図を表明した。

中国人民銀行は新たな仮想通貨を発行することに関して銀行の長官、シャオチュアン・ゾウや副総裁のファン、イーフェイ、さらにはDeloitteやCitibankの通貨の専門家達で会議を開いていた。

中国人民銀行の発表によると、会議の結果、新たな仮想通貨を発行することはメリットがあり、実践的で歴史的にも価値がある物の可能性があるようだ。

新たな通貨を流通させることにより、従来の通貨の流通を抑え、循環を容易にするだけでなく、利便性も上がり様々なお金の動きの透明性が上がるため、マネーロンダリング、脱税、その他犯罪行為も減る見込みのようだ。

公式の発表によると新たな仮想通貨は通貨の循環をより銀行の制御下に置くことを可能にするため、全体的な景気回復や発展などにもつながる見込みだ。

仮想通貨によって中国の決済のシステムが向上し、決済と清算の効率も上がり、景気も上昇するようだ。

さらに銀行の発表は中国人民銀行は仮想通貨について他国の有力な機関と共により理解を深めるために協力し研究することを明かした。これにより中国は国際的にパイプを作るだけではなく、議論にて仮想通貨により注目を集めるような活動に注力するようだ。

2014年には中国人民銀行は仮想通貨に関して特別な研究チームを設立し、仮想通貨の景気などに関する影響を研究していた。発表によると、研究チームは初期の目標を達成し、仮想通貨の発行をするために必要な技術的な問題などもより明確にし、より早期な仮想通貨の実用化を目指すことを表明した。

発表においてビットコインなどその他暗号通貨について触れられなかったが、政府の重役たちは管理者のいないことを問題視し、マネーロンダリングやテロリストへの資金援助を行われることを危惧しているのだと思われる。